ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

山崎豊夫原作「日本さん家の華麗なる一族~第1話・長男・東電くんは大馬鹿野郎だった!」

2012/05/13
category - 政治・社会・教育・いじめ
                         
 
日本さん家には、10人の息子がいた。
終戦後、10人の息子たちは、地域独占を狙っていろいろな地方で電力会社を
創立した。



1男は東京で東急電力(略称 東電)を始めた。

2男は、北海道で北日本電力(略称 北電)。
3男は、東北で東北大電力(略称 東北電)。
4男は、中部で中部日本電力。(略称 中部電)。

5男は、北陸で北陸地方電力(略称 北電または、陸電)。
6男は、関西で関西第1電力(略称 関電)。
7男は、中国で中国地方電力(略称 中電または、中国電)。

8男は、四国で四国日日電力(略称 よん電)。
9男は、九州で九州毎日電力(略称 九電)。
そして末っ子の10男は、沖縄で沖縄新日本電力(略称 沖電)。

 このように日本さん家の10人兄弟は、各地で地域独占の
電力会社を経営し、巨万の富を得るようになった。大都市の
一等地に巨大なビルを建設、たくさんの土地を所有するまでに
なった。

 たくさんのファミリー企業を抱え、政財界とも癒着し、巨大な
利権集団を作り上げてきた。
そのため人々は彼らのことを、「華麗なる一族」と呼ぶようになった。

 日本さん家では、父親がよく変わった。父親は、東京の長田町の
「自民棟」と呼ばれる集合団地に住んでいた。
父親が角兵衛さんの時に、
電源三法交付金制度ができ、既得権益で守られた原子力ムラ
ができた。このムラでは、いろいろな利権があり、いつも巨額の
お金が落ちていた。このムラの近辺では、あらゆるお金を吸い上げられ
おかげで雑草さえ生えないと言う意味で「不毛地帯」と呼ばれ揶揄された。


この電源三法交付制度を利用して日本さん家の兄弟は、日本国中に危険な
原子力発電所を作った。この原発は、発電効率がよく、おかげで
ボロ儲けすることができ、それぞれの地域で電力10兄弟は、
経済の中心的役割を果たすようになった。また、駅前の一等地に
高い本社ビルを建て、「白い巨塔」と批判された。


1男から9男までは、調子に乗って原子力ムラの魅力にのめり込んだ。
しかし、いつの時代でも末っ子は、しっかりものだった。

10男の沖電くんだけは、この原子力ムラに首を突っ込まなかった。

こんな幸せも長くは続かなかった。やがて、大きな地震とともに津波が
東電くんの原発を破壊。放射能漏れを起こした。


困った東電くんは、日本さん家の直ひとパパ(また父親が変わっていた。)
に泣きついた。

(この時、パパは、引越しをして同じ長田町の「民主棟」
という集合団地に住んでいた。)直ひとパパは、激怒して復旧作業の細かい所まで
指示を出した。
馬鹿息子の東電くんは、事故のあまりのひどさに逃げ出そうとした。
しかし、直ひとパパがそれを一喝し、危機的状況を避けることができた。
後に、そのことを知った人々は、直ひとパパのことを
「運命の人」と呼んだ。

発電効率のよい原発を一刻も早く再稼働しようと9男の九電くんは、
焦っていた。そのため、やらせメールで世論を操作したり、動員をかけたり
した。それがバレて
世論から厳しい批判を浴びた。



第2話へと続く

なお作品中の個人、団体名はフィクションであり実在する個人、
団体名とは何の関係もありません。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト