ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

楽天

FC2アフィリエイト

YOUTUBE

sub4sub.YOUTUBEチャンネルの相互登録をよろしくお願いします。相互登録チャンネル募集中 Subscribe for Subscribe

PING送信チェッカー

ブログ内検索

リンク

アクセス

ブログパーツUL5

QRコード

QRコード

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤 ⑪天変地異??7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬 ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景 ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

提言!こうすれば大相撲が再び面白くなる!大相撲も改革が必要・国技の殿堂から日本人力士の優勝額が消えた日③

2012/02/01
category - スポーツ
                         
本シリーズの過去2回の投稿で

「日本の国技である大相撲も改革が必要な時期に来ている。
他のスポーツ界と同様にこのまま放っておけば、今に横綱、大関、
関脇、小結、全て外国人力士が占めるなんてことになる。

 今からでも制度改革をするべきである。」と忠告した。

今回は、どんな制度改革をするべきかについて、投稿(提言)する。

 まず、同じように外国人選手に活躍の場を奪われかけ、今や共存する
ことができているプロ野球界では、外国人枠をどうしているのか?


Wikipediaによると、


外国人枠 (日本プロ野球)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本プロ野球(日本野球機構内)における外国人枠は、外国人選手
(日本国の国籍を有しない選手)に対する出場枠の事を指す。

規定 外国人枠については日本プロフェッショナル野球協約(以下「協約」)に
定めがある。

2011年現在は、各球団は任意の数の外国人選手を支配下選手登録できる。
ただし、出場選手登録は4人まで、かつ投手または野手として同時に登録できるのは
それぞれ3人まで(協約第82条の2)。即ち、投手のみ4人、または野手のみ4人
という出場選手登録はできない。


つまり人数制限を設けているのである。しかし、初めから上記の制限ではなかった。
再び、Wikipediaによると、


支配下選手登録できる人数と出場選手登録できる人数は、以下のように変遷している。

1993年まで - 支配下は3人まで、出場は2人まで
1995年まで - 支配下は3人まで、出場は3人まで
1997年まで - 支配下は制限なし、出場は3人まで
2001年まで - 支配下は制限なし、出場は4人(投手2人、野手2人)まで


つまり、その時々の状況にあわせて、制度を改革してきているのだ。

この日本プロフェッショナル野球協約を参考にして外国人枠を決める。

現在、相撲界には、出羽海、高砂、時津風、二所ノ関、立浪・伊勢ケ浜連合の五つの
一門がある。その一門の中にそれぞれ部屋が10、6、8、16、12.
合計52ある。
そこで、例えば、
部屋が抱える日本人力士数(関取数)に比例させて出場できる
外国人枠を決める。
このことによって外国人力士を入門させようと思えば、
日本人力士を育成しないと
だめだし、そのことは言い換えれば、相撲の質を落とさずに、
なおかつ日本人力士を育成することにもなる。
 また、割合を規制することで、三役が全て外国人力士なんて
ことも起こらない。

親方連中も、手っ取り早く強くなる外国人力士を入門させたがるが、
日本人の関取を育てなければ、外国人力士も出場できなくなる
のだ。いやでも日本人力士を育成しなければならなくなる。

 このような思い切った改革をしないと、
外国人力士の連続優勝が36場所、37、38と
どんどん伸びていくことは、
目に見えている。


日本人大関の稀勢の里、琴奨菊に期待しても、外国人力士の壁は高い。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

sub4sub.YOUTUBEチャンネルの相互登録をよろしくお願いします。相互登録チャンネル募集中 Subscribe for Subscribe

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア4

解析用HTMLタグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
福岡県麻生太郎

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。