ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

また予言的中!本ブログの実力!原発「やらせ質問」問題

2011/07/30
category - 日記
                         
 本ブログでは、これまで数々の予言、
提言をしてきた。
そのどれもが、ほぼ的中している
 

具体的に
一番、最近の事例で、


 つまり今回のことが意味するものは、 
淀緑回写(電力会社)も減市緑帆暗陰
(原子力保安院)も級澱(九電)の
子会社もゼニコン(ゼネコン)の
大森組(大林組)もむんんs(みんな)
がる,いや、ぐるということ。 
2011年7月24日本ブログより


上記の通り、7月24日の時点で、電力会社、原子力保安院は、グルだと指摘。

すると、7月29日の朝日新聞によると、

 経済産業省原子力安全・保安院が、
2007年8月の中部電力浜岡原子力発電所の
プルサーマル発電に関するシンポジウムの際、
中部電に対し、参加者の動員と会場での発言を
依頼していたことが分かった。

会場での質問が反対派のみとならないようにするため、
地元住民に原発に肯定的な発言をしてもらうものだったという。

 本来は原発を監視する立場の保安院が、
やらせを事実上指示

していたことになる。中部電は依頼にもとづいて社員や下請け業者、
町内会長ら地元住民に呼びかけて参加させていた。住民向けに肯定的な
発言文案も作成したが、問題があると社内で判断し、発言させることは見送った。

 29日に中部電が記者会見して明らかにした。


また、7月14日の本ブログでは、

九州電力のやらせメール事件が報道
されているが、こんなことは、氷山の
一角に過ぎない。

 他の電力会社でも同じようなことが
行われている。それを政治家は、知って
いるが問題にしないだけ。
(今回は、違う所から情報が上がって
しまったので、押さえ切れなかっただけだ。)
それは、自分たちも美味しい利権を
得ているから


と指摘。すると、出るわ、出るわ。

同じような動員をして発言依頼した四国電力。

 7月29日、朝日新聞によると、

 四国電力(高松市)は29日、2006年6月に
愛媛県伊方町で国が主催した伊方原発3号機のプルサーマル発電に
関するシンポジウムで、伊方原発や関連企業3社の従業員10人と
地域住民19人の計29人にプルサーマル関連の質問や意見を
するよう例文を示した上で依頼していたと発表した。
原子力安全・保安院から「多くの参加者を募り、質問や
意見が多く出るようにしてほしい」との要請を受けたという。

 シンポの会場では15人が質問したが、そのうち10人が
四電が依頼した人だった。内訳は社員2人、関連会社員3人、
そのほかの住民が5人だった。

 例文では、「プルサーマルは燃料のリサイクルであり、
資源が乏しい日本は、再利用できる有益な資源は積極的に
活用すべきではないか」「プルサーマルはプルトニウムの
特性や性質をきちんと把握して行うとのことなので安心した」
などで、10人中7人が例文に近い発言をしたという。(島脇健史)


 この種の報道は、今後も増えるであろう。今なら罪が軽くなると
錯覚するため。

 つまり国民は、いつも騙されてきたのだ。その影で利権を、既得権益を
守ろうとしてきた人々がいた。

 洋の東西を問わず、いつの時代でも利権の構図は同じ。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト