ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)48・入力マスいやミス・またあの球伝いや九電!

2011/07/24
category - 日記
                         
 あの旧殿(九電)が、またまたやっちゃった。今度は、乳緑まずだ tど。
(すいません。あまりの怒りに入力ミスの連発です。)

法堂(報道)なよらち(によると)、


原発:安全評価、全国で遅れ 耐震性データ、佐賀・玄海で入力ミス
 12事業者再点検
 経済産業省原子力安全・保安院は22日、九州電力が09年に提出した耐震性の
安全性再評価(耐震バックチェック)の最終報告に2件3カ所のミスがあったと
発表した。玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の耐震性評価の前提となるデータが
誤入力されていた

保安院は同原発だけでなく、電力会社など原子炉や原子力施設を
保有する全国12事業者に再点検を指示。原発の再稼働を判断する「安全評価
(ストレステスト)」の実施が全国的にずれ込むことが確実
となった。【中西拓司、石戸久代】

 九電や保安院によると、入力ミスは玄海3号機(定期検査中)の地震解析データで
見つかった。原子炉建屋上部にある「復水タンク」の屋根の重さを、本来は
2600トンなのに「260トン」としたほか、原子炉建屋に隣接する補助建屋の
基礎と地盤との関係を示す定数を、2カ所で2倍の数値に誤入力していた。
これらは九電の子会社がゼネコンの大林組(東京都港区)に委託して入力・解析した。


 最終報告書では3号機の原子炉建屋などについて「安全上重要な建物や機器などの
耐震安全性は確保されている」と明記。耐震性を「良」と自己評価していた。


ミス発覚後、正しい値で再度解析しても「誤入力前との変動幅は1%前後で
耐震安全性に影響はない」(九電技術本部)
と結論付けた。今回のデータは、
ストレステストにも使われる予定だった。
 

入力ミスは九電が08年に提出した中間報告にも含まれていたが保安院は気づかず
「妥当」と評価。今回、最終報告書を独立行政法人「原子力安全基盤機構」が
再点検する中で見つけた


保安院の森山善範原子力災害対策監は22日、発見に
2年かかったことについて
「活断層評価などに時間がかかった」と釈明した。

 保安院は22日、ストレステストの実施を12事業者に指示したばかり。だが
この問題を受け、同日、九電に厳重注意するとともに、再計算結果を10月末までに
報告するよう求めた。大林組が解析した他の原子炉についても再計算を指示。その他の
原発については最終報告の再点検を8月22日までに実施、報告するよう指示した。
保安院によると、大林組は九電を除き少なくとも3事業者の8基でデータ解析を
請け負っていた。
玄海3号機のストレステストは早くても11月以降になる。


 耐震バックチェックは、内閣府原子力安全委員会が06年に原発の耐震指針を
改定したことを受け、保安院が電力各社に新基準での耐震安全性を再評価するよう指示した。

 ■解説 

◇九電・保安院、不備浮き彫り
 玄海原発3号機のデータ入力ミスが発覚したのは、皮肉にも菅直人首相が
「安全評価(ストレステスト)」実施を表明した7月6日だった。今回のミス発覚は
全国の原発に波及。ストレステストの実施はスタートからつまずく格好となった。


 「大変申し訳ない。ミスの指摘を重く受け止める」。九電の山元春義副社長は
22日午後、経済産業省原子力安全・保安院を訪れ、山田知穂原子力発電安全審査課長に
謝罪した。同社にとっては眞部利應社長の進退問題に発展した「やらせメール」問題に
続くダブルパンチになった。


 ミスは「ケアレスミス」(保安院課長)とみられるが、原子炉建屋のデータは
格納容器や圧力容器など重要機器の健全性を評価する前提となっており、ミスは
許されない。九電は耐震性の計算をやり直す。

 ケアレスミスならば1企業だけの問題ではなく、他原発にも起きうる。保安院は
その点を重視し、全国の原発に再点検を指示した。

 一方、保安院の検査態勢の不備
も浮き彫りになった。九電の最終報告書は09年に
提出されたが、
ミス発見に丸2年もかかったうえ、
見つけたのは保安院が
再チェックを依頼した独立行政法人だった。


 細野豪志原発事故担当相は来年度にも、保安院を経産省から分離することを
目指しているが、器だけでなく安全規制当局としての「中身」の充実も
重要な課題といえる。【中西拓司】

毎日新聞 2011年7月23日 東京朝刊


回切の会節(解説の解説)

 ミス発覚後、正しい数値で再計算しても、1%の誤差というのも、
すごい!屋根の重さを260tから2600tに変更しても
誤差が1%!

 どんな解析方法や?どんな計算式や?屋根の重量が10倍になっとるんやぞ。


 つまり今回のことが意味するものは、
淀緑回写も減市緑帆暗陰も級澱の子会社もゼニコン大森組
むんんs(みんな)がる,いや、ぐるということ。

原発は、低コストで安全だとたかをくくって、初めから
「対真ばっきちゃっく(耐震バックチェック)」を形式的にしか考えて
いなかった。

 今までの原発神話は、完全に崩壊したというわけ。
今まで、安全だと言われてきたその耐震バックチェックなどが、でたらめで、 
信頼できないことが分かったのだから。

 国民としては、ストレステストの結果を待つしかない。
あまり期待も信用もしていないが。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト