ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)47・九電真部社長は辞任すべき?やらせメールで決着つけよう?

2011/07/17
category - 日記
                         
 玄海原子力発電所の再稼動をめぐる問題で、九州電力(九電)
の真部利応社長が、続投の意欲を見せた。

報道によると、

玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の再稼働を
巡る九州電力の「やらせメール」問題で、九電は14日、
真部利応(としお)社長が福岡市の本社で記者会見して調査結果を
公表し、原子力担当の段上守・元副社長(6月下旬に関連会社社長に就任)を
頂点にした組織的な世論工作だったことを認めた。真部社長は「社会の
常識や倫理観に反する行為」と謝罪したが、進退については、「不祥事の
再発防止と信頼回復に全力で取り組んでいきたい」と述べ、続投する考えを
示した。27日の取締役会で社長、松尾新吾会長らの役員報酬カットなど
社内処分を決めるとみられる。

 九電は14日、内部調査をまとめた報告書を資源エネルギー庁に
提出した。報告書によると、段上氏と諸岡雅俊・元原子力発電本部長
(6月下旬に関連会社社長に就任)、大坪潔晴(きよはる)・前佐賀支店長
(現・佐賀支社長)の3人は6月21日、佐賀市内で会食。5日後に開かれる
国主催の佐賀県民向け説明会の番組で、原発への不安の高まりから再稼働に慎重な
意見が中心になることを懸念し、賛成意見の投稿を増やすとの認識で一致した。

 段上、諸岡両氏は、中村明・前同本部部長(現・原子力発電本部副本部長)に
番組の周知を指示。中村氏の指示を受けた課長級社員が投稿を求めるメールを作成し、
協力会社4社と社内の管理職に送信した。

 一方、大坪氏は支店の部下に賛成投稿を増やすよう指示。支店の部長が「夏の
熱中症も大変心配。犠牲になるのは弱者である子供や年配の方であり、原子力の
転再開は絶対必要」などと投稿内容の例文まで作成し、取引会社や顧客に持参して
投稿を要請した。その結果、要請を受けた計2935人のうち、141人の投稿が
確認された。番組への「賛成」は「反対」を123件上回っていたが、「やらせ」が
なければ賛否が逆転していたことが確定した。

(2011年7月15日 読売新聞)



玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の
再稼働を巡る九州電力の「やらせメール」問題を受け、海江田経済産業相は
15日の閣議後記者会見で、「組織的関与が非常に濃厚で、組織のトップが
責任を取るのは当たり前だ」と述べ、続投の意欲を示している九電の
真部利応(としお)社長に引責辞任を求めた。発言に法律上の強制力はないが、
電力会社を所管する経産相の発言は重く、閣僚が企業トップに引責辞任を
求めるのは異例。真部社長は一転、厳しい判断を迫られそうだ。


 九電の松尾新吾会長は15日午後、読売新聞などの取材に対し、「(対応を)
考えます」と述べ、真部社長や自身の辞任も含め、進退を検討する考えを示した。
 経産相は、過去にも電力会社が同様の不祥事を続けてきたことに触れ、
「(電力会社は)反省すると言ってきたが、改まらない。この種のことをやれば、
ばれるのは当たり前で、ばれれば社長は責任を取る必要がある」と強調した。

(2011年7月15日 読売新聞)


こうなったら、メールで辞任賛成意見の応援をしよう。
真部社長辞任に賛成のメールを下の6つの例文を
参考にして九電本社に送ろう。


やらせメール①「日本全体のことを考え、九州を含め西日本が元気をだして、生産や経済を
まわさなければならない中、九州電力のやらせメール事件のような、不正は
絶対にあってはならないことです。社長は辞任すべきです。



やらせメール②安全対策については十分に実施されており、後のことを心配する必要はない。
社長辞任に全く問題ない



やらせメール③トヨタ自動車の豊田章男社長より、「真部社長体制は、限界を超えた。」
との発言がありましたが、「真部社長の居座りが国内産業の空洞化に
ますます拍車をかける」


やらせメール④ 「夏の『熱中症』が大変に心配。犠牲になるのは弱者である子供や年配者」
であり、真部社長が居座り続けることで、ますます国民のストレスがたまり、
熱中症の引き金となりうる。社長の辞任は、当然だ。


やらせメール⑤太陽光や風力といった自然エネルギーを「代替の電源に成り得ることは到底無理」
だと主張する真部社長は、世界の流れに逆行しており、辞任は、当然だ。


やらせメール⑥テレビにて「夏の電力供給力の見通し」の放送があり、電力供給の
予備力が約3%しかないとのことでありました。国民は、今、みんな
九州電力の真部社長がいつやめるのか、気になってずっとテレビを見ています。
このままでは、残り3%を使い切ってしまいます。早く辞任して
国民のテレビのスイッチを切ってください。このままでは、計画停電になって
しまいます。


この記事を投稿しようとしていたら、次のようなニュースが飛び込んできた。

 玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の再稼働を
巡る「やらせメール」問題で、九州電力の真部利応(としお)社長(66)が、
引責辞任する見通しとなった。

 海江田経済産業相が15日、真部社長の即時辞任を求めたことを受け、
辞任によって経営責任を明確にせざるを得ないと判断した模様だ。27日までに
取締役会を開き、辞任を正式決定する方向だ。

 松尾新吾会長は16日未明、読売新聞の取材に対し、「経産相の発言を
念頭に考えていく」と述べ、真部社長の辞任は避けられないとの考えを示した。
真部社長の辞任時期は、不祥事の
再発防止策などに一定のメドがついた後とみられる。


 真部氏は2007年6月、末席の取締役から異例の14人抜きで社長に就任した。

(2011年7月16日03時03分 読売新聞)


「一定のメドがついた後」 とは、いつのことでしょう?どこかの総理みたいに、
「私は、やめるなんて一言も言っていません。」と開き直ることはないでしょうね。

その時は、上の6つの例文を参考にやらせメールを送りますよ。

メールが来た時に、「これは、やらせメールかもしれない?」なんて
心配しなくてもいいように、メールの冒頭には、全て
「やらせメール」と書いておきますので、安心してください。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト