ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

祝・岩手県平泉世界文化遺産登録・我々の使命とは?

2011/06/27
category - 日記
                         
 昨日の小笠原諸島の世界遺産登録決定に続き、岩手県平泉も世界遺産と
なった。

 2日間に渡るめでたいニュースである。以下産経ニュースによると、


フランス・パリで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の
第35回世界遺産委員会は26日、日本政府が推薦した「平泉の文化遺産」
(岩手県平泉町)を、世界文化遺産に登録することを決めた。

 平泉は平成20年の遺産委で登録が見送られ、「浄土思想」を軸に金色堂で
知られる中尊寺など対象を絞り込み、再挑戦していた。東北初の世界文化遺産になる。

 日本からの文化遺産登録は19年の「石見銀山遺跡とその文化的景観」
(島根県大田市)以来。日本の世界遺産は、今回の遺産委で自然遺産登録が
決まった「小笠原諸島」(東京都)と合わせ、文化遺産12件、
自然遺産4件の計16件となる。
 

平泉は平安時代に奥州藤原氏が築いた寺院や遺跡群。政府は18年に
中尊寺など9つの構成資産を一体として登録推薦したが、ユネスコの
諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が大幅な見直しを求め
「登録延期」となった。



2008年には世界遺産への登録が見送られた平泉。
再挑戦が実り、平泉町の中尊寺近くで工芸品店を営む千葉昭子さん(59)は
「心待ちにしていた。震災で気落ちしていたので喜びも倍。岩手の工芸品の
良さを世界に伝えたい」と満面の笑み。

 戦乱を鎮め平泉を築いた奥州藤原氏は、鎮魂と平和の祈りを込め極楽浄土の
思想を建築や庭園に表現した。古都ひらいずみガイドの会の関宮治良さん(70)は
「災害や争いのない平和な世界を求めた藤原氏の精神が認められたことは、
大震災を経た今、復興への励みになる」と期待する。

 東北地方では自然遺産の白神山地に次ぐ2カ所目で、文化遺産としては初。
平泉商工会の千葉庄悦会長(62)は「この3年間、住民が率先して
景観保全などに取り組んできた。先祖が大切にしてきた遺産を子孫に
伝えていきたい」と、今後の課題も自覚している。

 再挑戦に向け、推薦書を見直し、九つあった構成資産から四つを除外した。
登録作業の中心となった県教育委員会生涯学習文化課の宮昌隆特命課長(47)は、
盛岡市内の岩手県庁で留守番。吉報に「関係者の皆さんに感謝している。
これからもしっかり遺産の保存、管理に取り組みたい」と
ほっとした様子だった。


 大切なことは、以下の2点。
①世界遺産に認定された地域には、これから世界中の観光客が訪れるであろう。
ほとんどに人は、善意に満ちた観光客である。しかし、中には、嫉妬や誹謗、中傷
めあての悪意の観光客がいるのも事実。
 文化遺産に落書きしたり、貴重な遺産を持ち出そうとする者もいるかもしれない。
そのへんの監視を怠りなくすることが、重要である。

②今回、認定されなかったが、日本の国内には、たくさんの遺産が眠っている。
それは、戦争遺産であったり、産業遺産、文化遺産、自然遺産、複合遺産、
近代化遺産などなど。そのほとんどが、危機的状況に陥っている。

 長い間の風雨にさらされ、朽ち果てていく遺産、取り壊しの危機に直面して
いる遺産、人々から完全に忘れ去られた遺産。

 取り壊されたら、、二度と同じ物を作ることはできない。

早く、保存活動を起こし、1つでも多くの遺産を完全な形で後世に伝えることこそ
が、今を生きる我々大人の使命である。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト