ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)30・初めての先手策・まだまだ余地が!

2011/05/08
category - 日記
                         
 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)による福島第1原発事故から
60日が経過しようとしているこの時期にまたまたショッキングなニュースが
流れてきた。

菅直人首相は6日夜、首相官邸で記者会見し、中部電力浜岡原発
(静岡県御前崎市)の全原子炉の運転を停止するよう、海江田万里経済産業相を
通じて同社に要請したと発表した。首相は「国民の安全、安心を考えると
同時に、重大事故が発生した場合、日本社会全体に及ぶ甚大な影響も
併せて考慮した」と理由を述べた。

 東海地震の想定震源域にある浜岡原発は、以前から地震や津波による
損壊の危険性が指摘されてきた。東日本大震災による東京電力福島第1原発事故を
踏まえ、国は国民の安全確保のためには原発の運転停止も辞さないという、
従来とは全く異なる姿勢を示した。
 中部電に求める運転停止期間は防潮堤設置などの中長期対策が完了するまでで、
原子力安全・保安院によると、運転再開まで2年程度を見込んでいる。

 首相は会見で、文部科学省の地震調査研究推進本部の評価を基に、
30年以内にマグニチュード(M)8程度の地震が発生する可能性について
「87%と極めて切迫している」との認識を示し、浜岡原発が置かれた
「特別な状況」を強調した。

 ただ、首相の要請に法的根拠や強制力はなく、中部電が最終的に
受け入れるかどうかは現段階では不透明
。唐突な要請に波紋も
広がりそうだ。(時事ドットコムより)


福島第1原発事故では、政府民主党は後手後手の策を講じてきたと批判され続けて
きたが、初めての先手策であろう。(私も浜岡原発停止のことを予想していたが、
またまたブログに投稿しておらず、証拠がないので負け惜しみになるのだが、)

 反対派の人もいるようだが、「もし浜岡原発が、福島第1原発のようになったら
どうするつもりなのか?」東京都心から約210キロ離れた福島県であれだけの
影響が出るのだ。静岡県御前崎市の浜岡原発から東京都心までは、約180キロ。
今回の原発事故よりも影響は深刻になることが予想される。

「首相の要請に法的根拠や強制力はない」とのことだが、法改正も辞さず「最悪の
事態を想定して最善の策を講じ」てほしい。

 働く場を失うという意見には、津波対策工事に従事すればいいし、ずっと停止する
わけではないので、2年後には再び原発関連の仕事に復帰できるという保障を
政府がすればいい。

 電力不足になるという批判には、「まだまだ無駄な電力の浪費が、日本にはたくさん
ありますよ。」と言いたい。会社の出張でいろいろな出先機関や得意先に行くが
まだまだ、ネクタイ、上着を着て冷房を強めにしている所がたくさんある。そんな事業所
や会社、企業には罰則を設ける方がいい。たとえば、節電に非協力的な企業として
報道機関に公表するとか、逆に企業を上げて節電に取り組んでいる所を公表して
表彰するとか。

 GWの休みの日に買い物に行ったが、もう冷房をしている所さえあった。(直接
電力の節電とは関係ないが)やはりGwに車を運転していて、暑かったので
窓をあけていたが、クーラーをして窓を閉め切っている車の方が多かった。
パトカーはいつも(我々の税金を使って)クーラーをして涼しげに走っている。

 とにかく工夫しだいでなんとでもなる余地がある。今こそ日本人として
誇りを持って一致団結してこの危機を乗り越えなくてはならない。

 
 
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト