ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

ウサマ・ビンラディン殺害・日本が抱える積年の懸案事項を解決する最大のヒントでありチャンスである!

2011/05/05
category - 日記
                         
 あのウサマ・ビンラディンがついに殺害されたという。やっとというべきか
ついにというべきか、評価が分かれる所だと思うが、どちらにしても人類史上
最も危険な人物が殺害されたのだ。

 ウサマ・ビンラディンといってもピントこない人もいるかもしれない。

Wikipediaによると、

アメリカ同時多発テロ事件をはじめとする数々のテロ事件の
首謀者とされるサウジアラビア出身のイスラム過激派テロリスト。FBIにおける
最重要指名手配者の1人であった。正確な生年は不明だが、1957年3月10日だと
いう説がある。身長194cm。体重約73kg。FBIの指名手配書によると肌はオリーブ色、
髪と瞳はブラウンと表記されている。2011年5月1日、米国海軍特殊部隊が行った
軍事作戦によって死亡したと報道された


 つまり、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の首謀者なのだ。
あの同時多発テロでの犠牲者は、(Wikipediaによると、)


この無差別テロ事件の犠牲者は、すべての死者を合計すると
2,973人とされている。内訳はハイジャックされた4機の旅客機の乗員・乗客が246人、
アメリカ国防省で125人。世界貿易センタービルで2,602人とされている
(あくまで「確認された人数」ということであり、実際には多少の誤差があると
言われている)。


 ここで注目してほしいのは、あのWikipediaにさえ、記述のない日本人の犠牲者数で
ある。アメリカで起きたテロ事件だから、日本人はいないと考えるのは、早計である。
実に、24人もの日本人が犠牲者となったのだ。

毎日新聞によると、

国際テロ組織アルカイダの最高指導者、ウサマ・ビンラディン
容疑者を殺害した米国の秘密作戦の詳細が米メディアによって明らかになった。
同容疑者を暗号名「ジェロニモ」(白人の侵入に抵抗した先住民族アパッチ族の戦士)と
呼び、米海軍の特殊部隊「シールズ」が、潜伏先を模した施設で数週間にわたり
強襲訓練を重ねた上での突入だった。


 数年後には、きっとアメリカで映画化されそうだが、その
ジェロニモ作戦。東京新聞よると、


「突撃始めます」見つめる大統領 ビンラディン容疑者殺害
  司令室緊迫40分

 五月一日、日曜日の午後。ワシントンのホワイトハウス作戦司令室には
オバマ米大統領、バイデン副大統領、ゲーツ国防長官、クリントン
国務長官らが、緊張した面持ちで大型スクリーンの生中継映像を
食い入るように見つめていた。

 スクリーンに映るパキスタン北部のアボタバードは二日未明。
ほぼ新月に近い暗闇だった。ヘリコプター四機に搭乗した
米海軍特殊部隊(SEALS)と中央情報局(CIA)の
部隊が大きな邸宅の上空に到着。「大統領、突撃を始めます」。国際テロ
組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラディン容疑者(54)の
拘束・殺害作戦の幕が開けた-。

ブレナン大統領補佐官(テロ対策担当)の二日の記者会見によると、
オバマ大統領らは約四十分間の作戦の一部始終を目の当たりにしていた。

 ビンラディン容疑者拘束・殺害という「悲願達成」を目前に、作戦司令室は
オバマ政権発足以来、最も張り詰めた雰囲気で、「数分間が数日間に感じた。
みんな息をのんでいた」(ブレナン氏)。

◆3つの選択肢

 作戦には政権内にも意見の相違があった。米紙ニューヨーク・タイムズに
よると、CIAは暗号名ジェロニモの隠れ家をめぐって、B2ステルス爆撃機により
跡形もなく破壊する攻撃や、パキスタン情報機関との共同作戦を含め三つの
選択肢をまとめ、三月十四日にホワイトハウスへ持ち込んだとされる。

 二日の会見で、ブレナン氏は「大統領が決断した」と強調した。

SEALSとCIAの特殊部隊はこの日に備え、実際の邸宅(隠れ家)に
似せた家を建設し、何度も突撃訓練を繰り返してきた。国防総省高官によると、
ビンラディン容疑者は三階建て本館の二階と三階部分で、最も若い妻ら家族と
生活しているとの情報もつかんでいた。

 万全の態勢で臨んだはずの作戦だったが、実際には予期せぬ展開もあった。

◆パ軍緊急発進

 ヘリ一機が「故障のため」(米政府高官)邸宅内に不時着を余儀なくされた。
米高官によると、離陸するのは困難で、特殊部隊員らはヘリが容疑者側の手に
渡るのを防ぐために破壊した。

 情報漏えいを恐れ、パキスタン政府に作戦について事前通告しなかったとされ、
作戦終了間際にヘリの動きに気づいたパキスタン空軍機が緊急発進(スクランブル)した。

 ヘリはパキスタン領空から脱出したが、一触即発の危機に、作戦司令室には緊張が
走ったという。

 ビンラディン容疑者らは邸宅内で特殊部隊と遭遇した際、拘束を拒否し、
女性を盾にして応戦。米メディアによると、同容疑者は頭と胸に二発の弾丸を
受けて殺害された。「われわれは、ついにやり遂げた」。大統領は同容疑者の
死亡を確認すると短く語った。

(ワシントン・岩田仲弘)


 以上が、ウサマ・ビンラディン殺害の概要であるが、「やった。これで一件落着」ではない。
今度は、日本が抱える積年の懸案事項を解決する番である。

今回のウサマ・ビンラディン殺害が最大のヒントとなり、今が解決の最大で
最後のチャンスである。これを逃がすと、絶対に解決できないであろう。

(本ブログでは、数々の予言・提言を的中させてきている。)

その日本が抱える積年の懸案事項とは?それを解決する方法とは?
それは、次回の投稿を待て。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト