ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)23・今度は東電のマッチポンプ作戦

2011/04/26
category - 日記
                         
 東京電力が打ち出す数々の作戦。賢明な作戦のように
見えて、どこか抜けているように思える。後手後手に回った
感も否めない。
 
 ここにきて、さらにマッチポンプ作戦を展開しようとは、
だれも予想だにしなかったことである。

 「計画停電をやるぞ、グループ分けは、こうだ。明日はしないぞ。
でも消費電力の増える夏には、再び計画停電をするぞ。」
などと散々、庶民や企業を騒がせておいて、「もう大丈夫です。安心
して、もう少し電気を使ってもいいですよ。」ときた。

朝日新聞によると、

菅政権は21日、東京電力と東北電力管内の今夏の最大使用電力の削減目標を、
家庭、企業とも一律、前年比15%減とする方針を固めた。政府の
当初案では、削減幅を大口需要家25%、小口需要家20%、
家庭15~20%と決めていたが、供給力を増強するめどが立ち、
節電目標を引き下げる。

 電力需給緊急対策本部(本部長・枝野幸男官房長官)を近く開き、
正式に決める。

 対策本部が8日発表した需給対策の骨格では、東電管内の今夏の
ピーク時の最大使用電力を、昨夏並みの6千万キロワットと見込んだ。
一方、供給力は4500万キロワットにとどまり、不足分の1500万
キロワットは、供給力の増強で500万キロワットを確保し、残りの
1千万キロワットを需要減で埋めるとしていた。

 その後、被災した火力発電所の復旧やガスタービン発電機の新設などに
よって、今夏の供給力を5380万キロワット確保できるめどが立った。
同様に東北電も1150万キロワット前後と想定していた供給力が、
1370万キロワットに高まる見通しとなった。

 供給力の増強により、必要とされる最大使用電力の削減幅は、東電が
10.3%、東北電が7.4%ですむが、政府は「ギリギリのラインではなく、
一定の余裕を持った需要抑制が必要」と判断。余震による火力発電所の復旧の
遅れや、老朽化した火力発電所のトラブル発生に備え、削減目標を15%減と決めた。

 また、目標をさらに引き下げると、国民や企業の節電意識が薄れ、
再び計画停電を行わざるを得なくなる恐れもある。このため、削減目標を
15%減にとどめ、供給力に余裕を持たせたとみられる。(小暮哲夫)


マッチポンプを「はてなキーワード」で調べると、

自ら起こした揉め事等を“鎮めてやる”と持ちかけて利益や自己満足を得ること。自作自演。

自らマッチを擦って火をつけておきながらポンプで消す。という意から。


 まさか、自作自演までは、疑わないが、見込みが甘すぎる。
残念ながら、今回は、ブログ上で予言していないが、
①最大の危機である夏までには、火力発電の復旧が進むのではないか。
②これだけの危機的状況で国民が、節電意識を高めるのではないか。
③企業や個人が発電設備を拡充し、東電に対してもっと多量の電気を
売電するのではないか。


この3点で、夏の計画停電は、ありえないと思っていた。私の中では
予言的中なのだが、ブログ上で投稿していなかったので、証拠には
ならず、残念だが。

今回の東京電力の「マッチポンプ作戦」見通しが甘いだけに
予想通り、うまくいくのか?心配される所である。

 まさか、上述の①②③がもっと進み(電力が余りすぎて、利益が落ち込み)、
東電は、いきなり(被災者への賠償金を払うため)利益を上げようと
お得意の「だんまり作戦」に転じて、さらに高等手段の「消費拡大作戦」(オール
電化など)へと反転攻勢するのではないか?

 まあ、これはあまり可能性はないかも。なぜなら「電気料金値上げ」の
方が、手っ取り早いから。

 そうして、世論に方針転換の理由を聞かれたら、きっとこう言うでしょうね。

「こんなに早く電力があまると思っていなかった。見通しが甘かった
想定外でした。」と。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト