ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)12・風評被害を防ぐには「隗より始めよ!」

2011/04/11
category - 日記
                         
 3月11日に起きた東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)。その後に
続く福島第1原発事故。今も続く放射能漏れの恐怖。福島県近隣に出されていた
出荷制限。
農林水産省のサイトによると、

福島県、茨城県、栃木県、群馬県の4県において、食品衛生法で定める
暫定規制値を超える農畜産物が検出されたことから、一部の野菜や原乳に
ついて出荷制限が実施されております。


昨日一部の農産物の出荷制限が解除された。

NHKニュースによると、

枝野官房長官は、午後の記者会見で、国の基準値を超える放射性物質が検出され、
出荷が制限されている農産物のうち、群馬県産の「ほうれんそう」と
「かきな」、それに福島県の一部で採取された原乳について、制限を
解除したことを明らかにしました。


 しかし、一度「あそこの農産物は、やばい。」という風評被害が起きれば、
それを打ち消すのは、すごく時間と労力を必要とする。

風評被害と言えば、一番に思い出すのは、宮崎県の前知事、東国原知事。

彼は、知事在任中に鳥インフルエンザと口蹄疫
問題に直面した時、真っ先に陣頭指揮を執った。そして、被害を最小限に
留め、風評被害については、前面に出て、マスコミの前で鳥や牛を食べる
パフォーマンスをして、鳥や牛の安全性を訴えた。

東国原英夫オフィシャルブログ「そのまんま日記」によると、

 今日は、本来なら公務は休みであった。だが、朝から7本のテレビ番組の
出演・インタヴューを受け、合間で県のCMを撮影した。

 いずれも、鳥インフルエンザの風評被害防止PRが目的である。
 鳥インフルエンザの発生現場では、県の職員の方々が不眠不休で
一生懸命に原因究明・消毒・焼却・感染拡大防止等、防疫作業に
専念されている。
 僕に出来ることは、宮崎の鶏肉・鶏卵が安心・安全であると
いうことを県内外に広くプロパガンダしていくことである。
休んでいる暇は無い。2007-01-27
 
2010-05-10
口蹄疫

 本日の新たな疑似患畜確認は7例、殺処分対象家畜は
1,928頭。いずれも川南町である。

 これまでの累計は56例で殺処分対象家畜は64,354頭である。

 今日は、赤松農水相にご来県を頂き、防疫対策人員の増加、埋却地の
確保、移動制限・搬出制限内外の生産者や生産関係者へのきめ細かい
経済的支援・助成、メンタルケアー、補助金・交付金・特別交付金等の措置、
感染源・経路の解明、風評被害対策、家伝法(家畜伝染病予防法)の
見直し等の要望・要請とそれらに関する意見交換をさせて頂いた。

 特に、今後の課題として、発生がこれ以上拡大した場合の新たな
防疫措置、県家畜改良事業団の種雄牛の移動制限区域からの移動、
保定経験者等の確保、家伝法に基づく手当金の仮払い制度等は重要である。

 とにかく、このままでは宮崎の畜産は崩壊してしまう。それだけではなく、
隣県や九州全体への拡大の懸念、延いては国全体の畜産への影響が危ぶまれる。
 

 今回の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する風評被害。東国原さんの
ような人は、いないのか?管総理?東京電力の副社長?

今こそ、出番ですよ。みんなの前で群馬県産の「ほうれんそう」と
「かきな」、それに福島県の一部で採取された原乳

飲んでくださいよ。食べてください。そしたら、風評被害も少なくなり
ますよ。国会議員のみんなで食べてみたらどうですか?自民党の
谷垣さんも「管さんは、いやだ。」なんて言ってる場合じゃ
ないでしょ。

 それともやはり、東京都知事に立候補している東国原さんでないと、
だめなのかな?
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト