ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)7・素晴らしかったサッカー慈善試合で残念だったこと!

2011/03/31
category - 日記
                         
 昨日、3月29日。東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)
のチャリティのため、日本代表とJリーグ選抜の慈善試合が
行われた。被災者や被災地の人々は、この試合を見て、勇気付けられた
のではないか。とてもよい試合であった。

以下、毎日新聞の報道

東日本大震災:サッカー慈善試合 ピッチ上、心一つ 日本代表が勝利
 <がんばろうニッポン!>

 29日に大阪・長居スタジアムで行われた日本代表とJリーグ選抜の
慈善試合。日本代表は遠藤、岡崎が前半にゴールを決め、2-1で勝利した。
今月下旬に予定していた国際親善試合2試合が中止になり、会場を
大阪に移し、東日本大震災の復興支援目的に変更。国際Aマッチではなく
なったため海外組の招集に強制力はなくなったが、日本代表は招集された
欧州組12人が全員参加した。Jリーグ選抜も2010年ワールドカップ
(W杯)日本代表が8人選出された。

前半15分。遠藤のFKが直接ゴールに吸い込まれると、日本代表は控え
メンバーも加わり、腕に巻いていた喪章を高々と天に掲げた。満員の
観客席からは万雷の拍手。サッカーを通して未曽有の大災害に苦しむ人たちを
支えたいとの願いがスタンドとピッチ上で一つに重なった。

 11日の震災後、サッカーでは国内最初の大規模イベント。日本協会の
小倉純二会長には「『まだ早すぎる』と(観客が)来てくれないんじゃないか」との
懸念もあった。だが23日に発売したチケット約3万8000枚は1時間
足らずで完売。一般公開された練習には3日間で計3万3000人が訪れ、
会場で行った募金では約1500万円が集まった。被災地支援に貢献したい
というファンの思いの強さの表れだろう。

 「あの日」以来、多くの選手がプレーで被災者らを勇気づけたいと願う一方、
「こんな時にサッカーをしていいのか」と自問を続けてきた。阪神大震災
(95年)や新潟県中越地震(04年)の慈善試合に出場した経験のある
三浦すら「自分がプレーすることで何を伝えられるか不安」と胸の内を
明かしていた。

 試合前にはピッチに選手が整列。シャツに今まで胸に秘めてきた思いを
一人一人書き示した。「希望」「共に歩もう」「一歩一歩前進」。そして、
ピッチでは言葉を超えた熱い気持ちを表現した。所属クラブでの活動すら
ままならない中で出場した梁勇基や小笠原をはじめ、誰もが最後まで懸命に
ボールを追った。その胸の内は「懸命な姿を見てもらうことで勇気づけたい」。
思いの一端でも、被災地に届けたいとの一念だった。【野村和史】


 ここまでなら、本当に感動的な試合であった。が、しかし、
一部の選手が勘違いをしていたのは、残念であった。
この試合の目的は、あくまでも東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の
復興支援である。

 とても対岸の火事で済まされることではない。私の身の回りでも
節電どころか、宴会や花見をしようと勤務時間中に計画を立て、パソコンで
飲食店の情報や桜の開花情報を検索したり、当日の出欠表を作ったりして、
ろくに仕事もしない人々がいる。それを上司が注意しようともしない。
 
 なんでもかんでも自粛というのもいけないと思うが、被災者や被災地の
ことを考えると、規模を縮小するとか、パソコンでなくても紙と鉛筆で
出欠表を作るなど協力することはいくらでもあるはず。

 他にも、職場に募金箱を設置するとか、被災地に必要な医薬品や毛布、
食料を持ち寄るなど私たちにできることはいくらでも
あるはずである。

 もう会社に頼るのは無理なので、とりあえず、自分でできることから
行動するようにしようと思う。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト