ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

もう開いた口がふさがらない!日本相撲協会・第二の琴光喜事件5

2010/07/24
category - 日記
                         
またまたまたまた新聞で報道されている。もう開いた口がふさがらない。
一体、どこまで続くのか?このぶんだと第二の琴光喜事件の連載は、
100くらいまで続くのであろうか?

本日の夕刊報道によると


大相撲の境川部屋が、名古屋場所中の部屋宿舎にしている愛知県扶桑町の土地を、
過去に暴力団と関係のあった男性社長(63)の建築会社=同町=から
提供されていたことが23日、わかった。同社取締役を務める社長の次男(36)も
暴力団と関係があると同日、一部で報道された。

 境川親方(元小結・両国)は同日午前、弁護士とともに記者会見し、
「(建築会社の)社長と個人的な関係があり、10年前から土地を使っている。
2年前に土地を購入した。社長と(社長の)親族が暴力団と関係があったか
どうかは知らなかった」と話した。一方、社長は報道陣に対し同日、少なくとも
20年前に交流のあった暴力団組長を通じ組員を雇用していたことを認めた。
その上で「(組長とは)個人的な先輩と後輩の関係。会えばあいさつはするが、
(自分は)暴力団とは関係ない。(取締役の)次男も暴力団との関係はない。
土地の提供は会社と部屋とのもので、暴力団は関与していない」と否定した。

 暴力団関係者と一部で報道された同社取締役は07年、従業員に暴行して
コンテナ内に放置、凍死させたとして、保護責任者遺棄致死罪で懲役8年の
実刑判決を受けている。県警組織犯罪対策課は同社と暴力団の関係について
「調査中」としている。

 日本相撲協会の特別調査委員会は同日、この問題の調査を始めた。境川親方は
部屋所属力士が野球賭博に関与して現在、謹慎中。

 境川部屋は、98年夏場所後に故大鳴戸親方(元前頭・吉の谷)と弟子を
引き連れて中立(なかだち)部屋として独立した。故大鳴戸親方と建築会社社長が
知人関係だった縁で土地を借りたという。部屋は03年に境川部屋に名称変更。
現在、土地には部屋宿舎となるプレハブが建てられている。

 年1回の名古屋場所期間、光熱費だけを負担し、土地建物は無償支援される形で
使い続けた。登記簿によると、境川部屋は08年2月、土地349平方メートルと
軽量鉄骨造り2階建ての建物延べ約345平方メートルを建築会社から購入した。
社長によると、2000万円で売却したという。現在の所有者になっている
境川親方は「会社経営がきついと社長から相談された。銀行に相談して工面が
ついたので購入した。ローンを組み、今も毎月支払っている」と説明した。

 大相撲では松ケ根親方(元大関・若嶋津)が春場所の際に、捜査当局から
暴力団関係者との関係が指摘される会社社長から大阪市内のビルを宿舎や
けいこ場として借りていたことが発覚し、協会特別調査委が調査している
(毎日新聞より)


 どうしてこの時期にたくさんの不祥事が一気に出てきたのか?どの問題も昨日、
今日の問題ではない。いづれも数年前からの問題であるのに、なぜこの時期の
集中的に出てきたのか?まさか、「名古屋場所前だと場所の開催が危なくなり、
開催してしまった今は、場所の中止はあり得ないし、いろいろな問題が次々に
出てきているので一つ一つのニュースの扱いが小さくなるから。」と
考えているわけではないでしょうね。

 とにかく、貴乃花親方、佐ノ山親方、松ヶ根親方、境川親方などたくさんの
問題を調べている協会特別調査委も大忙しですね。と
思っていたら、今度は、身内から疑惑が。「敵を欺くには、まず味方から。」と
言うわけではないのでしょうが、まんまと協会特別調査委の方も騙されましたね。
相撲協会の掃除をしているのに、後ろから玉をうたれたようなものではないですか。

5月に東京・国技館で開かれた大相撲夏場所を、
暴力団住吉会系の組長が土俵近くの特別席「維持員席」で観戦していた問題で、
日本相撲協会は23日、持ち回り理事会を開き、賭博問題の検証にあたる
特別調査委員会メンバーの山口弘典氏(77)=日本プロスポーツ協会副会長=を
委員から解任することを決めた。

 組長は、元呼び出し(72)が茨城県のボクシングジム会長を務める友人に
渡した入場整理券を使って維持員席に入場していた。調査委は、山口委員が
このジムの最高顧問を務めているため、監督責任を問い、委員を辞任するよう
求めた。山口氏が「理事会に判断を委ねる」としたため、調査委が理事会に
山口氏を退任させるよう勧告。持ち回り理事会で了承された。

 山口氏は「辞任すれば悪いことをしたと認めることになる。配慮が足りないと
言われる恐れはあるが、全くやましいことはない」と話した。

 維持員席の使われ方の実態調査について、調査委は「独立委員会と
特別調査委員会とで、すみ分けながら行う」との見通しを示した。
(朝日新聞より)


こんなことやってる場合やないやろ。早いこと全部膿を出し切らんと
青少年に悪影響を与えることになる。

この日の夕刊に上の2つの記事とは比べ物にならないくらいの小さな
見出しが載っていた。

 大相撲の西前頭2枚目、安美錦(伊勢ケ浜部屋)が
23日、日本相撲協会に「右ひざ内側側副じん帯損傷で約3週間の休養加療を要する
見込み」との診断書を提出して名古屋場所を13日目から休場した。12日目に
栃ノ心を破った取組で、土俵下に落ちた際に負傷した。安美錦の休場は
昨年初場所以来4度目。

 この休場で、出場している日本出身の幕内力士が16人となり、
外国出身の17人を下回った。相撲協会広報部によれば史上初の出来事だという。
(デイリースポーツより)


なんとも寂しい限りですね。でも理事会がぼやぼやしていたら、こんなことが
毎場所続くことになります。

(とりあえず、今回の騒動を報道したマスコミを相手に裁判を起こしましょう。
「我々は、全てシロだ。ガセネタを報道するな。相撲協会及び個人の
名誉毀損だ。」と。我々相撲ファンは応援しながら、成り行きを見守って
います。)

 現に、今場所の優勝も白鵬に決まりそうです。

大相撲名古屋場所は23日、愛知県体育館で
13日目があり、白鵬は万全の右四つですきなく45連勝。ただ一人2敗の豊真将は
稀勢の里を一気に押し出して11勝目。連敗を止めて白鵬の13日目優勝を阻んだ。
(毎日新聞より)


場所前にすでにこのことを予測していたニュースがあった。

 「協会としては(名古屋場所を)開催を願っているが、
特別調査委員会の判断を待ってからになる」。武蔵川理事長(62)
=元横綱三重ノ海=は21日の会見で、野球賭博に関与した力士の出場を、
調査委の報告をもとに7月4日に決めると発表した。しかし開催しても、
外国人力士が幕内の半数以上を占める“相撲ワールドカップ”になりかねない。

 野球賭博に関与したと上申書を提出したのは力士や親方など29人。
賭博といっても、身内で数千円程度を賭けているものもあれば、暴力団を
通じ数百万円が動くものまである。そこで調査委は上申書を提出した力士から
27日までに聴取し「(金額の大小や期間が)社会的に容認できるかどうかを
仕分けする」(村上泰委員)という。

 21日にも小結琴奨菊(26)=佐渡ケ嶽=、十両の清瀬海(25)
=北の湖=と普天王(29)=出羽海=が野球賭博に関与していたことが発覚。
大関琴光喜をはじめ、9人がすべて日本人力士だ。

 一方、29人の中にモンゴル、欧州など、外国人力士はいないとみられる。
野球賭博は、プロ野球にかなり詳しくないと手を出しにくい。野球のない国で
育った外国人力士は、これで難を逃れた格好だ。

 5月の夏場所は幕内力士42人中、日本人が26人。上位を中心に外国人は
16人で、名古屋場所も同数になる見込み。しかし、関与している力士が今後増える
可能性は十分。出場力士は外国人力士のほうが多いという事態にもなりかねない。

 大相撲では2006年初場所から26場所連続で外国人力士が優勝している。
日本人力士不在の名古屋場所は、名実ともに外国人力士が賜杯ならぬ“W杯”を
争う場所になるかもしれない。
(ZAKZAKニュースより)


今場所の“W杯”は、白鵬(に決まり?)。よって外国人力士の連続優勝は
27場所になりそうですよ。これでは、相撲ファンはますます離れてしまう
のではないですか。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト