ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

キタニストへ・今度こそ大ヒットだ!「北野映画」アウトレイジ

2010/07/04
category - 日記
                         
 第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に参加して、惜しくも
『アウトレイジ』(OUTRAGE)は、最高賞パルムドールを逃した。
そのアウトレイジが、日本で、2010年6月12日から公開されている。

アウトレイジは、
北野武の15本目の監督作品。バンダイビジュアル、テレビ東京、
オムニバス・ジャパン、オフィス北野が製作。ワーナー・ブラザース映画、
オフィス北野が共同配給。丸の内ルーブル、渋谷東急他全国東急系にて
公開された。キャッチコピーは「全員悪人」。過激なバイオレンスシーンや
拷問シーンが数多く含まれるため、映倫でR15+指定を受けた。

 TSUTAYA限定でスペシャルDVD『アウトレイジ 危険すぎる男たちの素顔』付き
前売券を発売。2010年6月11-13日には本映画公開記念として池袋・新文芸座で
過去作品を3日間限定上映された。

 全国155スクリーンで公開され、2010年6月12-13日初日2日間で
興収1億4,530万9,000円、動員は10万6,138人になり映画観客動員ランキング
(興行通信社調べ)で初登場第4位となった。また、ぴあ初日満足度ランキング
(ぴあ映画生活調べ)でも第4位になっている。(出典:ウィキペディア)

 
 また、現在、ぴあ映画生活によると観客動員数ランキング第6位と好調に
動員数を伸ばしているという。

 今までの北野映画といえば、

① その男、凶暴につき(1989年)      ② 3-4X10月(1990年)
③ あの夏、いちばん静かな海。(1991年)  ④ ソナチネ(1993年)
⑤ みんな〜やってるか!(1995年)     ⑥ キッズ・リターン(1996年)
⑦ HANA-BI(1998年)           ⑧ 菊次郎の夏(1999年)
⑨ BROTHER(2001年)           ⑩ Dolls(2002年)
⑪ 座頭市(2003年)            ⑫ TAKESHIS'(2005年)
⑬ 監督・ばんざい!(2007年)       ⑭ アキレスと亀(2008年)


素晴らしい超大作と訳のわからん(すみません。)作品があった(と思う。)。

しかし、このアウトレイジ(2010年)は、 文句なしに素晴らしい映画だ。
メッセージ性があり、(それは個々人によっていろいろな受け止め方が
あると思う。)最高賞パルムドール受賞は間違いないと思われたのだが。

 世界のキタニストよ。受賞は逃がしたが、興行面で大成功を収め、
カンヌ国際映画祭の審査員たちを見返してやりましょう。自分の周りの
一人でも多くの人にこの映画を広報し、(口頭でまたは、ホームページ、
ブログ、ツイッターなどで)映画を見てもらい、あわよくば、キタニストを
一人でも多く増やしましょう。

 それが、次の映画祭での北野たけし監督の力になることを信じて。

スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト