ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

楽天

FC2アフィリエイト

YOUTUBE

sub4sub.YOUTUBEチャンネルの相互登録をよろしくお願いします。相互登録チャンネル募集中 Subscribe for Subscribe

PING送信チェッカー

ブログ内検索

リンク

アクセス

ブログパーツUL5

QRコード

QRコード

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤 ⑪天変地異??7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬 ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景 ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

日本一の大吊橋・九重夢大吊橋2

2007/04/21
category - gooブログからの引越し
                         

 引き続き大吊橋の橋の上の写真をアップします。



 本場京都室町よりお届けする
新作、逸品、お値打ち品の数々!
きもののことなら京都きもの市場へ!


         


今度は、橋の手すりから外を眺めると、



 こんな写真を撮るのも、恐怖です。何故かというと、勿論、高さの


せいもあるけど、ここは、写真でお分かりのように、渓谷ですので強風が


吹くのです。それで、橋が大きく揺れるのです。自分の体もそのゆれに合わせて


ゆれ、まっすぐ立っているのさえ、つらいのです。


 自分の体が手すりを越えて落下するんじゃないか?とか。この橋は、


こんな強風に耐えられるのか?とか。いらん心配をしなくちゃいけないのです。



うまく、恐怖が伝わったでしょうか?とにかく恐ろしかった。とにかく、手すりを


離せなかった。片側1列の右側通行でもし、前の人が立ち止まっていたら。


それこそ大変な事態に…


 


この続きは、次回ということで。乞うご期待。


                  


                        My Yahoo!に追加

スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

sub4sub.YOUTUBEチャンネルの相互登録をよろしくお願いします。相互登録チャンネル募集中 Subscribe for Subscribe

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア4

解析用HTMLタグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
福岡県麻生太郎

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。