ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

オシム監督の目指すサッカー

2006/08/19
category - gooブログからの引越し
                         

 オシム語録を読んでいると、彼の目指す方向性が見えてくる。曰く
われわれは、軍隊ではないので命令などしなかった。」
「ベンチに頼らず、自分たちで相手の出方を見極めろ。」「日本社会には、
自分で判断して行動する習慣がありますか?私が何を言うか待っている選手は
いらない。ピンチにタイムをとって監督の指示を仰げないのがサッカー。
アイデアのない選手は、向かない。」「選手には、自由を与えるが、
流れの中で守るべき原則や責任がある。どんなタイミングで何をするか、
彼らは考えなければいけない
。」

まったく同感である。また、これは、サッカー界だけに言えるのではない。
全ての世界において言えることだ。例えば他のスポーツ界においても、
バレーボール、バスケット、ハンドボール、テニス、あらゆるスポーツにおいて、
プレー中にここでどうしたらいいですか?と監督の指示を仰ぐ場面はない。

1つの競技を除いて。


 それは、野球。野球は、1球、1球。
監督の指示を仰ぐ。監督は、1球ごとにサインをだす。(また、
前述のスポーツはどれも、試合中は、全員がいつも競技場の上に立っているが、
野球は、攻撃の時に椅子に座って休憩している。)上記のような理由で
「野球は、スポーツではない。」という人もいるが、ここで結論は、
ださない。


 日本の社会全体がそうなっていると私は、
言いたい。オシムさんも同じ意見だと思う。会社でちょっとでも部下がミスをすると
雷をおとす上司がいる限り、日本の社会は、変わらない。日本の社会が変わるには、
枠の中で自由を認めることだ。自治の中の自由である。「何でもかんでも自由にやれ」と
いうことではない。会社だって組織である。1つの目標に向かっているのだから、
一人ひとりが、好き勝手をしていいわけがない。(それは、子育てにおいて「放任」と
呼ばれる。放任が、よい人間を育成しないことは、みんな分かっている。)


 会社がそうだから、学校でもそうである。私の子供に
「こんなことしたら?」と言っても「だめ。先生に怒られる。」という。
子供もかわいそうなものだ。


 要は、「この中で、
この条件の中でなら自由にやっていいよ。」というシステムを社会全体で構築していく
必要がある。ということである。そして部下がだした結果がその枠の範囲なら
自分が考えた結果と少しずれていても大いに認めることだ。
そうすることで
部下の何が変わるか?


 まず部下に自主性が
生まれてくる。自分のアイデアが生かせるのである

それがその組織の活性化を生み、発展につながるのだ。
今までは、上の者が、条件(枠)を示さないから、結果に対して上の人が
考える結果と少しでも違っていたら、怒られやり直しをしなくてはならなかった。
自分が自主的に考え、アイデアをだしてやった仕事(結果)は、
評価してもらえず、上司の思うままにするのが仕事と考えるようになると、
一番簡単な方法は、初めから上司に聞くことだ。「ここは、どうしますか?」
「これはどうしましょうか?」そんなところに自主性、アイデアは入り込む
余地さえなかった。


 昔、日中友好の船というのがあった。
日本の青少年を乗せて中国に親善にいくのである。それが、数年前になくなった。
消息筋から聞いたところ「表向きの理由は、他のところにあるのだが、本当の
ところは、青少年が変わったから。」と言う。「何が変わったの?」と聞くと
昔は、長い航海の間、青少年が、自主的に仕事を
してくれたが、今は、すぐに何をしたらいいのか聞きにくる」

いうのである。(家の子供と同じだ。)


 オシムさんも、
この日本の風土をずばり言い当てている。ただ、全てがそうではない。
少しづつ変わってきている。あのホリエさんのライブドアや楽天なんかは、
社員の自主性を大切にしているらしい。


 
そんな会社が日本において主流となってきたとき、
日本のサッカーいや全てのスポーツは、強くなる。そうオシムさんは言いたいのだ。

 

スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト