ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

「身内の取り締まり絶対せんちゃ!させんちゃ!」福岡県警飲酒運転撲滅キャンペーン

2009/08/28
category - 日記
コメント - 2
                         
 福岡県警は8月24日午後8時10分ごろ、福岡県飯塚市(あの
麻生太郎総理の地元)の国道を逆走し対向車の女性にけがをさせて
逃げたとして小倉南署地域1課巡査部長、古賀達雄容疑者(49)を
自動車運転過失傷害、道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。
容疑を否認しているという。酒のにおいがしたが呼気検査を拒否したため、
県警は事故から10時間後に強制採血。基準の4倍にあたる血液
1ミリリットルあたり1.27ミリグラムのアルコールを検出した。
酒酔い運転や危険運転傷害容疑も視野に調べる。

 翌日の25日は福岡市の海の中道で起きた飲酒運転追突3児
死亡事故からちょうど3年
。県警の真田稔警務部長は「痛恨の
極みであり、県民の皆様に心からおわびする。事案の重大性に
かんがみ厳正に対処する」と謝罪した。

 福岡県警の警官による飲酒運転とみられるひき逃げ事件に対し、
「事故の教訓はどこに行ったんだ」などの怒りの声が
が相次いで県警に寄せられている。
 25日、古賀容疑者が所属する福岡県警小倉南署は、
「飲酒運転撲滅キャンペーン」を予定通り行い、
「飲酒運転絶対せんちゃ(しません)!させんちゃ(させません)!」などと
書かれた啓発チラシを配布したという。
 
 飲酒運転させとるやないの!自分のところの部下さえ管理できんで
何が飲酒運転撲滅キャンペーンや?
 今、日本の警察の体質が問われている。
①身内に甘い。
 
警察官の不祥事を包み隠す。今回の件は、被害者がいたので、
明るみにでたが、もし、自損事故であれば表ざたにならなかったの
では?取り調べるのは、自分の部下だから。
 昨日26日の「報道ステーション(テレビ朝日)」で解説の一色さんが
強制採血をするのに、10時間かかるのは、おかしい。必ず当直裁判官
がいるので、もっと早くできたはず。もし、アルコールが少なかったら
出なかったかもしれない。」
と言っていた。どう見ても時間稼ぎとしか
思えない。このへんのことも誰かが、指摘するべきだし、警察自ら
説明すべきだ。


②国民に厳しい 
そもそも「道路交通法」(以下、道交法)とは、第一条 でこの法律の
目的を以下のように規定している。
 「この法律は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、
及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする。」
 
ここで大切なのは、危険防止と交通の円滑を図るという相反した2点
ある。危険を防止するには、制限速度を大幅に下げればよいのである。
市街地の道路は、全て30kmに制限すれば、大事故は防げるのである。
しかし、それでは、大渋滞が巻き起こり、道交法の狙うもう一つの目的
「交通の円滑」が達成されないのである。
 だからこそ、警察は、公然と「制度化」を公言して、相反する2つの目的を
両立させようとしている。(制度化とは、制限速度40kmであれば、50km
までは、捕まえませんよ。ということである。仮に41kmでつかまれば、
みんな検挙を恐れ、30kmとか35kmで走っていまい、大渋滞となるのである。)
 しかし、第一線で取り締まる警察官が、このことを全く知らない。否、ノルマ達成
のため、姑息な手段で検挙しようとする。それがいわゆる「ネズミ捕り」である。
こういった交通警察の卑怯な捜査が、日本の犯罪検挙率を下げている
という指摘もある。(みなさん、運転中にパトカーに捕まった経験が一度は、あると
思うが、その時、納得できましたか?)「理不尽な取締りをすることで、警察全体への
不信感が募り、他の犯罪への協力が少なくなった。」と言う。(警察関係者)

 まさに「身内の取り締まり絶対せんちゃ!
させんちゃ!」である

参考文献
①無法ポリスとわたりあえる本       二見書房   千代丸健二
②無法ポリスとわたりあえる本part2    二見書房   千代丸健二
③無法ポリスとわたりあえる本part3    二見書房   千代丸健二
④警察の人権侵害             三一書房   千代丸健二
⑤怒れドライバー              冬樹社    藤川清
⑥もっと怒れドライバー          世界文化社     藤川清
⑦どんとこい交通警察官         かんきブックス  足利信造
⑧どんとこい交通取り締まり       かんきブックス  足利信造
⑨交通警官の丸秘レポート        ゴマブックス   阿加信吾
⑩交通違反で捕まらない法         ゴマブックス  東京ネズミクラブ
⑪警察官を泣かせる本              高橋書店   タンク
⑫速度違反取締りへの挑戦         芸文社   高山俊吉
⑬続々マイカー110番             文泉   石川彰謙
⑭ネズミ捕りレーダー神話の崩壊      晩聲社   浜島望
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

暑くなりました(--;)

heijiさん、こんにちは(^^)
数日、秋を思わせる涼しさが続いていましたが
今日はギンギンギラギラの夏日です(--;)

飲酒運転は世間では減ってきたと聞きましたが・・・
現役警察官に増えていると聞き愕然ですね!
庶民は一体、何を頼り何を信じれば良いのやらぁ~~~

↓芸能人の薬物汚染には驚きです(-0-)
あのノリピーが・・・ショックでしたねぇ~~~
それにキムタクですか?怪しいのかなぁ・・・
横浜市にこんな車両があったとは初耳でした(^^)ノ

まだまだ暑い日があるかと思います
お仕事もあまり、ご無理せずお体ご自愛下さいね!

おゆきさん

いつもコメ、ありがとうございます。
朝、夕はかなり涼しくなりましたね。
夜、窓をあけて寝ると寒いくらいです。

 のりピーの次は、中居さんが怪しいという
話です。でもあくまでも噂ですよ。

 横浜のイベントにあの車両がよく出て行く
そうですよ。ただ、広報不足ですね。
 飲酒運転は、その後の調べで麻生さんの
家の近くで飲酒し、(駅をはさんで反対側)
そのまま運転していたようです。
悪質です。
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト