ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

「山中伸弥、お前もか」とシーザーなら叫んだろう(^_^;)

2014/04/30
category - 政治・社会・教育・いじめ
                         
シーザー(カエサル)が現世に生きていたら、
こう叫んでいただろう。

「山中伸弥、お前もか」と。

STAP細胞を巡る問題で、小保方晴子研究ユニットリーダーが、
ねつ造などの不正行為を行ったと認定した理化学研究所の調査委員会の
石井俊輔委員長が、みずからの論文で画像の切り貼りが行われていたと
指摘され、委員長を辞任する意向を研究所に伝えていたことが
分かったのが、4月25日。
その3日後には、山中教授が謝罪会見を開いた。

報道によると。

京大 山中教授が自身の論文巡り会見
4月28日 19時32分


京都大学のiPS細胞研究所は、山中伸弥教授が14年前に発表した論文に
不自然な画像があるとインターネット上で指摘されていたことについて、
論文の内容が正しいことに疑いの余地はないとする調査結果を発表しました。

一方、画像の元となる実験データは示すことができず、山中教授は、会見で
共同研究者のノートが保存されていなかったとして「心より反省し、
おわび申し上げます」と謝罪しました。

28日に会見した京都大学iPS細胞研究所によりますと、山中教授が
14年前の平成12年に発表した万能細胞の1つ、ES細胞に関する論文で、
画像の一部が切り貼りされたのではないかなどの指摘をインターネットで
受けていたということです。

研究所は、山中教授の申し出を受け調査したところ、指摘された画像については
切り貼りは確認されず、一連の実験が行われていたことも山中教授の過去のノートで
確認できたなどとして、論文内容が正しいことに疑いの余地はないとしています。

一方で、画像の元となる実験データについては、当時の共同研究者の実験ノートが
保存されていないことなどから示すことができず、遺憾だとしました。

これについて、会見に同席した山中教授は、「ノートをしっかり取って、
いつでも示せるよう私の研究所でも非常に強く指導している。そうしたなかで、
今回、私自身の論文に関するデータを出せないというのは、研究所の人たちに
対しても本当に申し訳ない。心より反省し、おわび申し上げます」と謝罪しました。
.

「最初は何のことか分からなかった」

記者会見で、山中教授は次のように説明しました。
「問題の研究は、自分が多能性細胞の研究を始めるきっかけになった極めて
思い出深いものだった。その論文に疑問が指摘されていると聞き、最初は何のことか
分からないというのが正直な感想だった。今回の実験は、何回もやっていて結果には自信を
持っているが、自分自身の実験ノートは保存していたが、共同研究者のデータは全く
保存しておらず、指摘された実験に関するデータが示せない状況だ。

実験は、中国からの留学生と医学部の学生に手伝ってもらったが、責任者は
あくまでも私で、今から思えばすべてのノートを私が持っているべきだった。

また、当時の自分の実験ノートは、
日付に年が書いていないし、
記載も決して十分とは言えず、昔の自分が恥ずかしく思う


今、日本の研究の信頼が揺らいでいるのは確かで、私自身を含めてノートを
しっかり取って、いつでも示せるようにするのが信頼回復の唯一の方法であり、
それを私の研究所でも非常に強く指導している。そうしたなかで、
今回、私自身の論文に関するデータを出せないというのは、研究所の人たちに
対しても本当に申し訳ない」。
山中教授はこのように述べ、謝罪しました。
(NHKニュースより)


こう見ていくと、小保方晴子さんがやったことは、
みんなやっていたことなんじゃないの。

それが、この世界の常識だったのでは?
暗黙の了解というか、触れてはならない
タブーだったのでは?
だから、小保方晴子さんも記者会見で歯切れが悪かったのでは?

まさか「みんなやっているから、真似しました。
石井先生だって、山中伸弥教授だってみんな
やっていますよ。」とは、口が裂けても言えないから、
あのような会見になったのでは?

そう考えると、全てが辻褄が合うような気がする
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト