ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

偽装列島(´Д` )日本12(^_^;)偽装拡大中・今度はSTAP細胞・小保方さん?

2014/03/16
category - 政治・社会・教育・いじめ
                         
 本ブログで予言した通りに、
拡大する一方の偽装。
ついに、あの小保方晴子さんの
STAP細胞まで?


報道によると。

喝采一転「未熟」と断罪 野依理事長「徹底的に教育し直す」

(産経ニュースより)


 「未熟な研究者」。午後2時過ぎから始まった理化学研究所の会見には、
ノーベル化学賞受賞者でもある野依良治理事長らが出席。苦渋の表情で、
STAP細胞の論文の責任者である小保方(おぼかた)晴子・
研究ユニットリーダー(30)を断罪した。

 予定になかった野依理事長の出席

 当初、野依理事長の会見への出席は予定されていなかった。
「最も重要な会見だろうと思い、出ることにした」。理由を述べた
野依理事長は会見の冒頭、「おわび申し上げる」とほかの出席者と
ともに約10秒間にわたり、頭を下げた。

 約4時間にわたって続いた会見の大部分は200人を超える報道陣との
質疑応答に割かれた。調査が継続中のため、STAP論文の作成に
あたって故意の不正があったかについて調査委員会は結論を先送りした。

 その後、調査の詳細や小保方氏の様子について次々と質問が飛んだ。

 報道陣の質問は、STAP細胞が本当に存在するのかという点に集中した。
だが、小保方氏が所属する発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長は
「第三者による検証を待つしかない」と繰り返すばかりだった。

小保方氏の早稲田大時代の博士論文の画像がSTAP論文に流用されたのでは
ないかとの指摘には、委員会は「同一のデータと判断せざるを得ない」と指摘。
野依理事長は「未熟な研究者がデータをずさん、無責任に扱った。徹底的に
教育し直さないといけない」と憮然(ぶぜん)とした表情だった。

 竹市センター長も「論文の体をなしていない」と話し、小保方氏らに論文を
撤回するよう求めたことを明らかにした。その際の小保方氏の様子について、
竹市センター長は「心身ともに相当消耗した状態で、うなずくという感じだった」と
振り返った。

 「少し楽観的にみていた」

 1月末のSTAP細胞作製成功の発表からわずか1カ月半。論文への疑義が
指摘され始めた当初、理研は研究成果について「揺るぎない」としてきたが、
最近はトーンダウンしていた。会見では「少し楽観的にみていたことは否めない」
(川合真紀理事)と判断の甘さを認めるに至った。

 会見が終わったのは午後6時過ぎ。論文に関する疑惑やSTAP細胞の存在の有無に
関する疑念は最後まで晴れることなく、会見終了間際まで質問が続いた。


 本ブログとしては、まだ小保方さんを信用しているし、
信頼したい。論文については、偽装があったとの認識だ。

いまどき、YOUTUBEに動画を投稿する時でさえ、
動画やBGMまでオリジナリティがあるか、著作権は
あるのかと厳しく問われる時代である。

まったくそのあたりは、ルーズと言うほかない。

しかし、STAP細胞については、できもしないものを
できたとうそを言って何の得があるのか、
そんな嘘は、すぐにバレルことくらい分かりきっている。

簡単にできると言ったのが、いけないのであって
難しいが、できる。と本ブログでは、考える。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト