ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

浅田真央ちゃん、言ってやりなさい。森さんに「あのおじいちゃん、大事なときには必ず失言するんですよね。」と。

2014/02/26
category - 政治・社会・教育・いじめ
                         
なんとも無神経な森さんの暴言、失言。

総理在任中から、何度も繰り返されてきた
森さんの失言癖。まだ治ってなかった。


報道によると。



(ハフィントンポストより)

ソチ五輪のフィギュアスケート女子、浅田真央選手のフリーの演技に感動した人は
少なくないだろう。

ショートプログラムでのジャンプでの失敗の末の16位という惨憺たる結果から
立ち直り、トリプルアクセルを始めとするすべてのジャンプを成功させた。

メダルには届かなかったけれども、開き直って原点に戻った心を打つ演技だった。

演技が終わった直後に彼女が顔を崩して涙をこらえて天を仰いだ瞬間、テレビを
見ていた多くの視聴者が思わずもらい泣きした。

たとえ結果が伴わなくても、夢に向かって努力する人間の美しさや強さを伝えてくれた。

自己ベストで6位に入賞。

「今まで支えてくれた人に恩返ししようと思って演技しました」。

終了後の彼女の言葉は、結果だけがすべてではないスポーツの素晴らしさを伝え、胸に響く。

それなのにー。

「あの娘、大事なときには必ず転ぶんですよね」

「負けると分かっている団体戦に浅田さんを出して恥を
かかせることはなかったと思うんですよね」

森喜朗元首相の言葉だ。


森元首相は、安倍首相の要請で

「東京オリンピック・パラリンピック組織委員会」の

トップである会長に就任
している。

トリプルアクセルが成功すれば団体戦で3位になれると、
淡い期待を持って
浅田選手を出場させた、と協会を批評。
その団体戦での浅田選手の演技についても、
森元総理は「見事にひっくり返った」と重ねて発言しました。

出典:TBS ニュース


浅田選手のショートプログラムが終わり、これからフリーの演技に
挑むというタイミングでの発言だ。

まだ競技が終わっていない段階なのに、日本のオリンピック関係者の
トップといえる人物が選手や協会の戦術について、批判している。

アイスダンスのキャシー・リード、クリス・リード組に関しても
以下のように語っている。

「日本は団体戦に出なければよかった。
アイスダンスは日本にできる人がいない。
(キャシー・リード、クリス・リードの)兄弟は
アメリカに住んでいるんですよ。(米国代表として)
オリンピックに出る実力がなかったから、
帰化させて日本の選手団として出している」

出典:産経新聞


日の丸を背負って出場する重圧のなか戦う選手たちにとって、

なんと無神経な言葉だろうか。

なんと「上から目線」の言葉だろうか。

詳しくは知らないが、リード兄妹にしても日本側の
都合で「帰化」したのだろうか。

彼らには彼らの事情や葛藤があったはずだ。

報道された発言を聞く限り、選手という存在はメダル数などの結果をもたらすための
「道具」でしかないと言っているようにも聞こえる。

浅田選手からすれば、外国選手と戦っているさなかに
背後から矢が飛んできたようなものだったろう


未明からニュース番組などで繰り返されている浅田選手のフリーの演技の映像。

その清々しさに心洗われる一方で、

元首相の無神経な発言には暗澹たる
気持ちにさせられる


そんな人は少なくないに違いない。

(中略)

森元首相の場合は、国を挙げて成功させなければならない東京オリンピック
組織委員会のトップとして、現在行われている競技の足を引っ張ぱらないのは最低限の責任だ。

五輪が終わってからの全体の総括の場ならまだしも(その場合でも組織委員会の
会長が個々の競技種目の戦略にまで口を出すのはいかがかと考えるが)、
まだ戦いの真っ最中だ。

少なくともこれからフリー演技を控えていた浅田選手に言うべき言葉ではない。

自分の「立場」というものをどう考えているのだろうか。

(中略)


今もちょうど放送されている浅田真央選手のフリーの演技と終了後の涙。

この映像を見て目頭が熱くなるたびに、デリカシーを欠いた五輪組織委員会の
会長の言葉を許せないと感じるのは私だけなのだろうか。

(2014年2月21日「Yahoo! 個人」より転載)


このお話には、続きがある。


日本中を感動の渦に巻き込んだソチ五輪女子
フィギュアスケート6位入賞の浅田真央(23=中京大)が25日、

森喜朗元首相の失言に、軽やかに反撃した。ソチ五輪から成田空港に帰国後、
日本外国特派員協会(有楽町)で会見に臨み、「森さんも後悔していると思う」と
にんまり。
 
 肩の荷を下ろしたのか、終始、笑いが絶えなかった。会場が最もわいたのは、
森喜朗(76歳)東京五輪組織委員会会長の

「あの子、大事な時に必ず転ぶ」失言に対する感想を求められた時だ。
最初のその質問には「終わったことなんで何とも思っていない」と、
判で押したような優等生発言で、するっと逃げた。

 しかし、そこは外国特派員協会。記者にはスポーツよりも時事畑が多く、
大物政治家の失言には敏感だ。まして、目の前にいる愛らしい女性を
攻撃したとあれば、ほっとくわけにはいかない。かたきを取ってやろうと、
最後の最後で、また同じ質問が出た。

 浅田も意を決する。まず

人間なので失敗することもあります」と
軽くけん制のジャブ。続いて

失敗したくてしているわけではないので、
それは違うと思う
」ときっぱり。

その後が気が利いていた。「ああいう発言をして、森さんも
少し後悔しているんじゃないかと少し思います」と、
場を和ませるかのように、やんわりと反撃。すると、
会場は拍手喝采に包まれた。


(日刊スポーツ新聞社より)


だれがどう聞いても、23歳真央ちゃんの勝ち。
76歳森おじいちゃんの負け


真央ちゃん、本当にお疲れ様でした。そして
言ってやりなさい。
あの人に。

あのおじいちゃん、大事なときには
必ず失言するんですよね。」と。

真央ちゃん、感動をありがとう、
今は、とにかくゆっくりと
休みなさい。
そして、元気になってから、
これからのことを
ゆっくりと決めなさい。

スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト