ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

凄い!リケジョ小保方晴子さん(^^)天は二物を与えた☆彡

2014/02/01
category - 日記
                         
天は二物を与えず
意味は、

天の神様は一人の人間だけに、
いくつもの美点を与えることはしないから、
よいところばかり揃った完璧な人間などいない。
異なる二つの天賦の才を持つことは有り得ず、
人にはそれぞれに長所も短所もあるということ。

(故事ことわざ辞典より) 

しかし、この女性には、天は二物を与えた。 



報道によると。


リケジョ「女性を救いたい」

2014.1.31 11:23


 神戸市の理化学研究所で行われた研究発表に現れたのは、
膝丈よりも短い黒のミニスカートをはいた若い女性だった。

 「新たな生物学的メカニズムを発見しました」と切り出した
小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)は、
新型万能細胞「STAP細胞」について、「成長した細胞が赤ちゃん
細胞になるようなもの」と説明した。山中伸弥・京大教授がノーベル賞を
受賞した人工多能性幹細胞(iPS細胞)との作製方法の違いをあげたうえで
「(妊婦の)胎盤に変化する能力を持っています」と付け加えた。

 AO入試で入った早大の博士課程を修了後、米ハーバード大へ留学する
選択肢もあったが、東日本大震災の影響で、就労ビザが取れず、理研で
研究をすることになった。大学時代の指導教官、常田聡早大教授(先進理工学部)は

「分からないことがあると
専門家に恐れずに聞きに行った」


と振り返る。当時は細菌の分離培養法を研究していたが、常田教授には
「再生医療の研究をしたい。病気で子宮をなくした女性を救いたい」と語っていた。

「リケジョ」(理系女子)の半面、

所属するラクロス部ではレギュラーと
して活躍。「おしゃれにも気を使い、洋服や
持ち物で凝った物を身につける
女性らしい学生だった」という。


 現在の小保方さん自身も「普通の女の子です」と話し、趣味は
ペットのカメの世話やショッピングなど。研究室には大好きなアニメ
「ムーミン」のグッズが置かれている。

 STAP細胞は、周囲の環境の変化だけで“万能化”されるのが特徴で、
マウスのリンパ球を弱い酸性の溶液に浸し、培養する。

 大阪大の水口裕之教授(分子生物学)は「特殊な状況に細胞を置くと
初期化(=万能化)が短時間に起こるのは、想像できないくらいすごい発見だ」。
国立成育医療研究センター研究所の阿久津英憲幹細胞・生殖学研究室長も
「明日からでもできるような実験。
今後、爆発的に研究が広がるだろう」


と高く評価する。

 国内外から驚きの声が上がるが、当初、小保方さんの研究には

周囲の研究者も疑心暗鬼だった
共同研究者で、マウスにSTAP細胞を移植する実験をした若山照彦・山梨大教授は
「できないだろうと思っていたので、ものすごくびっくりした」と
明かす。
独自の成果を後押ししたのが、理研・発生・再生科学総合
研究センターの研究体制だ。笹井芳樹副センター長によると、
同センターは「5年、10年で何をしたいか」といったアイデアを重視。
大きな夢に向かって勝負をする。
いわばハイリスクハイリターンな研究所

と自己評価する。

 若手の研究者の活躍は、再生医療の研究を加速させる可能性を秘めている。

 iPS細胞から作った心筋細胞の移植を目指す澤芳樹・大阪大教授
(心臓血管外科)は「ヒトの細胞でできると分かったわけではないが、
これからもこういう研究はたくさん出てくるだろう」と期待を寄せた。
(産経ニュースより)


天は、小保方さんに一体、何物を与えたのか?
いや、ご自分で勝ち取ったに違いない
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト