ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

巨大与党の大暴走(>_<)特定秘密保護法案強行採決か(´Д` )

2013/12/06
category - 政治・社会・教育・いじめ
                         
今から約半年前、参議院選挙で懲りない
日本国民は、参議院選挙で与党自民党と公明党を
圧勝に導くという大失態を演じた。

民主党政権以前のあの自民党政権にもどしたのみならず、
絶対安定多数を取らせてしまった。
確かに、民主党政権もひどかったが、
なにも自民党政権に戻す必要があったのか?
第3の選択肢もあったはずである。


その時の新聞報道によると。


参議院選挙で「ねじれ国会」が
解消され、何が変わるのでしょうか。

政府の政策決定や法案成立のスピードが速まるでしょう。


 7月21日に投開票が行われた参院選は自民党が圧勝しました。

 与党の自民党と公明党は、衆議院(定数480)では、
計326人の議席を占め、全体の3分の2を超える多数派でしたが、
参議院(定数242)では、今回の選挙前までは計103人で半数に
達していませんでした。


全常任委員会の委員長を獲得、委員の過半数を占める
「絶対安定多数」に

 参議院議員の任期は6年間で、3年ごとに半数の121人ずつ改選します。
今回、衆参の「ねじれ」の解消や安倍首相の掲げる経済政策
「アベノミクス」への賛否などを争点とした参院選で、自民党は
改選議席から31人増の65議席、公明党は1人増の11議席で、
計76議席を獲得しました。

非改選議席を合わせて参院の過半数(122)を確保し、参院で
与党が少数の「ねじれ国会」は解消されました。自公両党は、
参院の全ての常任委員会で委員長ポストを得た上で、委員の過半数を
占めることができる「絶対安定多数」(135)に達しました。

 「ねじれ」は第1次安倍政権時代の2007年参院選で自民党が
大敗して以来、民主党政権の一時期を除いて6年間続いてきたので、
安倍首相にとっては雪辱を果たしたことになります。


戦後初めて日銀総裁が空席となる異常事態も

 ねじれ国会でも、憲法の定める衆院優越規定により、予算は
衆院の議決で成立させることはできます。しかし、予算関連を
含めた法案は、野党の協力がなければ参院で可決できません。
予算を成立させても執行するためには、関連法の成立が必要です。
憲法59条により、与党が衆院で3分の2以上の議席を持っていれば、
参院で法案が否決されたり、衆院から送付された法案を60日以内に
採決しなかったりした場合、衆院で再可決して成立させることが可能ですが、
迅速な法案処理は困難です。

 法案以外にも、法律で衆参両院の同意が定められた国会同意人事は、
衆院で再可決もできず、参院で多数を占める野党の思うが
ままとなってきました。08年3月には、日銀総裁の国会同意人事で
政府案が2度も否決されたため、戦後初めて日銀総裁が空席となる
異常な事態になりました。

 原因は07年の与野党逆転で参院第1党になった民主党が、
小沢一郎代表(当時)の下、徹底した与野党対立路線を取り、
法案審議などに抵抗したことによります。


「野党」自民党も閣僚の問責決議を連発

 09年の政権交代で民主党政権が誕生し、一時的にねじれは
解消しましたが、翌10年参院選で民主党が大敗し、再びねじれ状態となると、
今度は野党になった自民党が参院で閣僚の問責決議を連発します。
参院は「政局の府」と呼ばれるようになってしまいました。
 

こうした対立による政治停滞に危機感を覚えた国民が
「政治の安定」を求め、ねじれ解消を支持する声が広がったことが、
今回の与党圧勝の背景にあると思われます


読売新聞が行った参院選結果に関する緊急全国世論調査でも、
ねじれが解消したことを「良かった」と答えた人は61%に上り、
「良くなかった」の25%を大きく上回りました。


最大で3年間、政策遂行に専念できる環境に

 ねじれが解消されたことで、法案成立もスムーズになり、
政策決定のスピードも上がるでしょう。次の参院選も衆院任期満了も3年先で、
最大で3年間、安倍首相は政策遂行に専念できる環境を得ました。


 それだけに、これから政府・与党の責任は重大です。
経済立て直しなどの課題で結果を出すことが求められてくるでしょう。
 (編集委員 望月公一)
(2013年7月30日 読売新聞)


「良くなかった」の25%の中に入る私としては、
早くも巨大与党の暴走が始まったとしか思えない。

あと3年間。巨大与党が何をするのか分からない
恐怖がある。

自民党を勝たせた日本国民に責任がある。

スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト