ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

本ブログの予言がまた的中(^O^)4日前の投稿(*゚▽゚*)大阪府警誤認逮捕事件(>_<)①

2013/08/10
category - 政治・社会・教育・いじめ
                         
本ブログの予言は、度々、的中する。
8月5日の本ブログの投稿が、早くも的中した。
こんなに早く的中するとは、思わなかった。


5日の本ブログの投稿を引用する。



「ノーライセンス?」大阪府警、女性を誤認逮捕…40分後に釈放
産経新聞2013年08月03日09時45分
. 日本国内でも車の運転ができる台湾の運転免許証を国内では通用しない
中国のものと思い込み、大阪府警泉南署が道交法違反(無免許運転)の
現行犯で台湾人女性(51)を
誤認逮捕していたことが8月2日、

①府警への取材で分かった。 

②逮捕後の照会ですぐに誤りに気づき、同署は逮捕から約40分後に女性を釈放した。

 府警によると、
6月26日

午後4時50分ごろ、同府泉南市幡代の
府道交差点で、赤信号を無視して走行する乗用車を、
③取り締まり中の泉南署員2人が見つけた。 

運転していた台湾人女性は日本語が話せず、住所もあいまいにしか
答えられなかった。署員らが「ノーライセンス?」と英語で尋ねると、
女性は中華民国と書かれた運転免許証と日本語の翻訳文を提示した。

 道交法では、台湾の免許保有者が免許証と翻訳文、旅券を
携帯していれば国内でも車の運転ができると規定。一方、
中国の免許は認めていない。

 署員らは女性が「中国人」と名乗ったため、免許証と翻訳文を
十分に確認しないまま、無免許とみなして同5時20分に現行犯逮捕。
署に戻って府警本部に照会したことで、有効な免許証だと気づいた。

 同署は午後6時に女性を釈放したが、通訳の到着に時間がかかったため、
逮捕直後の弁解を聴く「弁解録取」の手続きも行っていなかった。
信号無視については釈放後に反則切符で処理したという。

 府警は誤認逮捕について「住所がはっきりせず、日本語が話せない以上、
身柄の確保を優先すべきだと現場が判断した。

④手続き上の問題はなかったと考える」としている。

繰り返される日本警察のチョンボ。
この種の事件を見過ごしていたら、
次は、あなたが誤認逮捕されるかもしれない


問題は、下線部分にある。

①府警への取材で分かった

事件は、6月26日に起こっていた。発覚したのが、8月2日。
それも取材によるもの。警察は、不祥事があれば、すぐに記者会見を
開き、社会に公表すべきだ。

②逮捕後の照会ですぐに誤りに気づき

気がつけなければ、台湾人女性の釈放は、もっと遅れていた。
逮捕後のチェック体制を確立すべきだ。

③取り締まり中の泉南署員2人が見つけた

一番の問題点は、ここだ。いつも公務員のミスは、個人の問題ではなく、
組織の問題になってしまう。これが、逆の立場なら、どうだろう。
「台湾人女性が、二人の警察官を暴漢と間違えて拘束した。(あるいは、
暴力をふるった。)」

報道される時は、匿名か、実名か?

もちろん、未成年者ではないため、しっかりと顔写真つきの実名である。

これからの時代、公務員にも自らの仕事にしっかりと責任を持ってもらう
意味でも、このようなミスをした時は、顔写真つきの実名で
報道すべきであろう。

④手続き上の問題はなかった

手続き上の問題があったからこそ、
誤認逮捕になったわけで、
それを身内をかばうあまりに、
問題はなかったと言い切る
大阪府警の姿勢であれば、
また、誤認逮捕は起きる。


今回、どこにどのような問題があったのか、
深く追及しなければ、
同様の不祥事は、繰り返される。


そのような簡単な論理が分からない
ものが大阪府警のトップにいることこそ、
恐ろしい事態だ。


台湾人女性への謝罪や賠償は
どうなるのか、全く触れられていないが、
あすは、私たちかもしれない


以上が、5日の本ブログの投稿である。

さて、
今日8月9日

に、以下のような新たな報道があった。

大阪府警:誤認逮捕やまず 高槻署、迷惑防止条例違反容疑
毎日新聞 2013年08月09日 00時50分(最終更新 08月09日 01時22分)

 少女がスカートをめくられた事件を巡り、大阪府警高槻署員が
①今年4月、

無関係の男性を府迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で誤って
現行犯逮捕していたことが、

②府警への取材で分かった


少女が事件後、容疑者を一度見失っていたことを

③確認せず逮捕していたことが判明

したため、府警は男性を35分後に釈放した。容疑者は今も逮捕されていない。
同署副署長らが今年5月、誤認逮捕を認めて男性に謝罪した。

 府警によると、事件は4月17日午後5時35分ごろ、高槻市の路上で発生。
少女は一度帰宅し、母親と一緒に現場付近に戻ると、ジョギング中の
男性を見つけた。少女の話から男性を容疑者と考えた母親は、パトカーで
通りかかった同署地域課員2人に「娘が痴漢にあった。犯人が近くにいる」と
申告。署員らは男性に職務質問した。

 男性は関与を否定したが、親子が「この人で間違いない」と説明したため、
午後6時35分に現行犯逮捕し、同署に移送した。ところが、母親が実際は
容疑者の姿を見ていなかったことなどが判明し、男性を釈放した。
こうした事件では、被害者が容疑者を見失うことなく追跡した場合などに
現行犯逮捕が可能となる。

④署員らは親子の追跡状況を確認せず、
事件直後から追跡していたと思い込んでいたという。
 

府警は

⑤「二度と同じことが起きないよう指導を徹底したい

としている。
府警では、北堺署が窃盗事件で、泉南署が道路交通法違反事件を巡って
誤認逮捕するなど、捜査ミスが相次いでいる。

.


上記の事件と全く同じ構図である。というか、高槻署の誤認逮捕の方が
4月なので、早い。


つまり、時系列で言うと、
①4月17日に高槻署員に男性が誤認逮捕される。

②6月26日に泉南署員に台湾女性が誤認逮捕される。

③8月2日 マスコミの取材で②の誤認逮捕が明らかに。

④8月8日 マスコミの取材で①の誤認逮捕が明らかに


全く同じ構造である。同じミスである。全く何の反省も見られない。

昔、漫画の中で「おまわりさん」が、すぐに拳銃を打ち、
「逮捕するぞ!」と叫びまくるキャラクターがいた。

子供心には、面白いなあ。と思っていたが、まさか
そのおまわりさんに憧れて。大阪府警に入ったのか?



大阪府警に限らず、日本の警察組織には、構造的な欠陥がある。
では、どうするのか?それは、次の投稿で。
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト