ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

大丈夫なのか(^_^;)日本のMDシステム(^_^;)

2013/04/10
category - 政治・社会・教育・いじめ
                         
報道によると、

政府は、弾道ミサイル発射など北朝鮮の挑発行為に警戒を
強めている。

 5日には日本独自の制裁強化を決定し、北朝鮮をけん制したが、
挑発行為が米国や韓国などとの衝突に発展する恐れもある。防衛省は、
不測の事態に備え、情報収集に全力であたっている。

 安倍首相は5日の衆院予算委員会で、北朝鮮が日本海側にミサイルを
移動させたことについて、「北朝鮮の挑発は、許し難い挑発といってもいい。
ミサイル発射に対して、我々は万全を期していきたい」と述べた。

 日本海側に移動されたミサイルは、日本を越えて米グアムも射程に
収めるとされる「ムスダン」(推定射程3000キロ・メートル以上)の
可能性がある。政府筋は「北朝鮮と米国は互いにけん制しており、すぐに
軍事衝突する状況ではない。ただ、挑発は度を越えている。狙いが
読み切れないだけに、最悪の事態に備えなければならない」としている。

 首相は4日、米村敏朗内閣危機管理監に、〈1〉情報収集の徹底や分析
〈2〉国民への迅速な情報提供〈3〉不測の事態に備える――などを指示した。
4日夜には、米村氏の下に関係省庁の局長クラスが集まり、危機管理態勢の
徹底を確認した。

 政府は、ミサイル発射が現実味を帯びてきた場合、

地上配備型の地対空誘導弾「PAC3」部隊や、
迎撃ミサイル「SM3」を搭載したイージス艦

などの部隊に展開を命じる「破壊措置準備命令」を発令する。国内では、
情報を住民に迅速に伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の作動確認も
行う予定だ。

 一方、北朝鮮に対する制裁は、13日に期限切れとなる北朝鮮籍船舶の入港禁止や、
北朝鮮との輸出入の全面禁止について、2年間延長することなどが柱だ。これまで
1年ごとの延長だったが、今回初めて2年間延長することで、日本の厳しい姿勢を
示した形だ。

(2013年4月6日08時52分 読売新聞)


仮に、北朝鮮から、核ミサイルが飛んできた時に、
日本のMDシステムで本当に打ち落とせるのか?

日本の領空をすり抜けるということにならないことを
祈るしかない。

迎撃ミサイル「SM3」を搭載したイージス艦については、
下のリンクをクリックしてください。


これがMDシステムだ!海上自衛隊SM-3でテポドン2を撃ち落せるのか?

また、地上配備型の地対空誘導弾「PAC3」部隊に
ついては、下のリンクをクリックしてください。


これが、MD(ミサイル防衛)システムの写真!PAC3(パトリオット・ミサイル3)
スポンサーサイト
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト