ヘッダー画像

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

楽天

フリーエリア4

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ブログマガジン(ブロマガ・課金記事)の説明

「ブロマガ(課金記事)購読する」をクリックして下さい。下のような画面表示になります。(クリックしたこの時点では、まだ料金は、発生しません。)
福岡・山口を中心とした地域情報発信型ブログマガジン。 ①元総理大臣麻生太郎・新党改革舛添要一の自宅、別荘写真や家系図 ②筑豊御三家と言われる貝島、安川、麻生(太郎の家系)と堀、伊藤(伝右衛門と柳原白蓮)を加えた筑豊五大炭鉱王 ③国家君が代に隠された秘密(2番が存在した・さざれ石とは) ④なぜ原爆が長崎に落とされたのか?なぜ戦艦大和は撃沈されたのか?など戦争にまつわる秘話 ⑤安全・簡単・(無料)・運動なしですぐできる究極のダイエット法 ⑥簡単にめまいを治す方法 ⑦日本に2台・ウニモグ・耐熱装甲型救助活動車の全て ⑧福岡県にしかない絶滅した幻の花 ⑨知られざるぺ・ヨンジュンの素顔 ⑩軍艦防波堤         ⑪天変地異?7色に変化した夕日 ⑫映画ロケ地・おっぱいバレー ⑬北九州市の火山 ⑭深海魚・ラブカ    ⑮UFO/心霊写真 ⑯坂本龍馬          ⑰歴女、海子、工場萌え ⑱ナニコレ珍百景  ⑲幸運の木 ⑳絶対になくせるいじめ根絶方法、横田めぐみさんを100%救出する方法などなど。

アクセス

ブログパーツUL5

リンク

ブログ内検索

QRコード

QRコード

PING送信チェッカー

RSSフィード

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.
    
            

福岡県紅葉情報・かくれた穴場とは?

2011/10/29
category - 日記
                         
 インターネット上に福岡県の紅葉の名所がたくさん
紹介されている。
 太宰府市(観世音寺) 朝倉市(秋月城跡)那珂川町(筑紫耶馬溪)
添田町(深倉峡)添田町(英彦山)北九州市小倉南区(鱒淵ダム・
七重の滝)北九州市小倉北区(勝山公園)(足立公園)
北九州市八幡西区(瀬板の森公園)( 尺岳登山口)などなど。

今年は、「夏の猛暑、その後の急な冷え込み、さらに雨が
少なかったことで、紅葉がきれいだ」と言われている。
 そのため、今年は、たくさんの紅葉の名所を見て回った。
しかし、どこも想像したよりはたいしたことはなかった。
そこで、私が、こっそりと教える福岡県(北九州近辺)の
紅葉の名所。

 まずは、①竜王ケ丘公園(福智町)ここは、隠れた穴場。
2010年の秋、私が行った時は、少しピークを過ぎていた
が、それでも上記のどこよりも紅葉がきれいであった。
その時の写真をアップする。

CA3F0497.jpg  CA3F0498.jpg
CA3F0499.jpg  CA3F0500.jpg
CA3F0503.jpg  CA3F0505.jpg
CA3F0506.jpg  CA3F0507.jpg
CA3F0508.jpg
 もし、丁度、見ごろの時期であれば、素晴らしい紅葉で
あっただろう。しかも、ここは登山道路から少し奥まった所なので
あまり、人が来ない。まさに、穴場である。
 そして②鎮国寺(宗像市)
CA3F0540.jpg  CA3F0561.jpg
ここも、見ごろを過ぎていたが、もし、見ごろの時期に
訪れていたら、素晴らしい紅葉であったと思われる。

 あまり、教えたくないのだが、本ブログの訪問者に
こっそりとお教えする。2011年、福岡県紅葉の名所は
上記の2箇所である。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

繰り返される大相撲暴行事件・再発防止策はピコピコハンマーしかない?

2011/10/27
category - 日記
                         
またまた、体罰が。再発防止を約束したはずの大相撲協会で、
親方が体罰をしていたことが、明らかになった。
報道によると、

大相撲の春日野親方が、3人の弟子に対し、生活指導の一環として、
ゴルフクラブで殴っていたことが明らかになった。
19日午後0時すぎの会見で、春日野親方は「教育の一環とはいえ、
ちょっとやりすぎたところはありました」と語った。

一方で、放駒理事長は「教育の一環であったとしても、ゴルフクラブで
たたいたということは、あまりにも行き過ぎだ」と語った。
10月14日、春日野親方が部屋に所属する栃ノ心ら3人の力士に対し、
「外出時に浴衣を着ていなかった」、「門限を破った」との理由で、
ゴルフクラブで殴るなどの暴行を加えていたという。

春日野親方は「1人に至っては、稽古をしていなかったんです。服装を
注意したにもかかわらず、そういうことをしたと。門限も当然、破った。
がっかりしたというか、怒りよりも、そっちの方が多かった。それで、
暴力に至ったということになるのもしれない」と語った。

問題が明るみに出た発端は、マスコミに送られた匿名のFAXだった。
このFAXには、「クラブが折れるまで殴り続ける」、「殺人未遂」などの
文字があった。

さらに、相撲協会には、「この2~3日、師匠が弟子を殴り、1人は
弟子を病院に連れて行かず、栃矢鋪、栃飛龍はほったらかされている。
わたしも気が気でない。2人目の被害者、死亡者が出るかもしれない。
師匠本人は、もみ消そうと必死になっている」という告発の電話があった。

しかし、警察の捜査では、力士たちに外傷はなく、命にかかわるほどの状態では
なかった。
栃矢鋪は「(けがの具合は?)けがはしていないです。まったくしていないです」と
話した。
くしくも、10月5日には、相撲協会の研修会で、力士の外出時の服装に関する
注意が出ていたばかりだった。

しかし、服装の乱れを正すにせよ、指導に行き過ぎはなかったのか。
親方によれば、素手やゴルフのアイアンクラブの持ち手の部分で殴ったと説明。
春日野親方は「(なぜゴルフクラブで?)近くにあったので」と語った。

4年前の2007年、時津風部屋の力士が、親方や兄弟子から暴行を加えられ
死亡する事件が発生した。
暴行には、ビール瓶や金属バットなどが使われた。
このあと、協会では再発防止策として、
竹刀などの器具を稽古で
使用しないことを決め

再発防止検討会を設立。

委員を務めたやくみつるさんは、「さすがに、ゴルフクラブは
非常にまずかったと思います。日ごろから、厳しく指導して、
親方がペナルティー、それは、体罰ではなくて、本場所出さないぞとか、
そういう指導があっていいと思う」と語った。

今回の問題で、弟子3人は「規則を破って殴られた。親方を訴える
つもりはない」と話していて、被害届は出さない方針。

警視庁も、事件化するつもりはないとしている。
19日に行われた臨時理事会では、春日野親方に厳重注意を行った。

春日野親方は「(今回の問題を受けて、弟子と約束したことがあると?)もう、
げんこつは入れないと言いました」と語った。
(10/19 18:06)


産経ニュースによると、

19年に時津風部屋で起きた序ノ口力士、
斉藤俊さん=当時(17)、しこ名時太山=の暴行死事件では、
金属バットなどが使われた。この暴行事件を受け、協会は部屋の
けいこ場から竹刀や棒の撤去を
義務付けるなどの再発防止策

を文科省に提出している。


 いく度となく繰り返される大相撲の暴行事件。私が
日本相撲協会にかわって、再発防止策を提案しましょう。
(-。-)y-゜゜゜

「稽古場から竹刀や棒を撤去しろ。」では、だめです。
それなら、ゴルフクラブはいいのか?指示棒はいい?
竹馬ならいいだろう。バーベルは?という具合になってしまう。
ここは、はっきりと言った方がいい。

「稽古場には、ピコピコハンマーを置け」と。(#^.^#)

images[2]
(画像は、Wikipediaより)

よく、ビートたけしさんが持ってるやつである。


これなら、思いっきりたたいても大きな音がする割には、
痛くないしけがもしない。
叩く方も、叩かれる方も安心だし、みんなの前で叩かれる方は、
体よりも心(自尊心)が傷つき(大きな体の相撲取りにとって、
竹刀で叩かれるよりも、よっぽど恥ずかしくてつらい。)
もう二度とルールを破るものかと思うはずだ


どうでしょう?相撲協会の関係者の人、本ブログを見ていたら、
是非、検討してください(#^.^#)
                                 
                                      
            

九電「やらせメール」問題の再発防止策はこれしかない③(-.-)計画停電

2011/10/25
category - 日記
                         
再発防止策①によって、九電の現経営陣は、退陣する。
また、再発防止策②によって住民説明会に行政や電力会社の関係者は、
立ち入れなくなった。しかし、それだけでは、まだ安心できない。
なぜなら、もう一つ、やらせメールという手段が
残っているから。

 再発防止策③は、そのやらせメール対策について。
経営陣の総入れ替えをして、会場に関係者が入れなくても、
この会社には、コンプライアンスがないので、まだ奥の手を用意している
かもしれない。それが、いわゆる、やらせメール。これは、相手の
姿が見えないので、やらせをされると、それを防ぐ有効な手段が
なくなってくる。

 そこで、こちらから先手を打つ。
説明会があっている時間帯に、九電と関連会社を計画停電にする。

自分たちの得意分野であるので、なんのことは、ない。
いつもやっていることだ。
こうすることで、最後の手段、やらせメールも封じることが
できた。

さあ、九電さん。ポーズだけではなく、本当に再発防止を考えている
のなら、これくらいの防止策を取ってみてはいかがかな?

 
                                 
                                      
            

九電「やらせメール」問題の再発防止策はこれしかない②(-.-)踏み絵

2011/10/22
category - 日記
                         
前回の方法で、九電、佐賀県ともに新体制となり、再出発の環境が整ったと思う。
しかし、これだけでは、また同じようなことが起こらないとも限りません。

そこで再発防止策②。これでもう絶対に同じようなことは、起きません。

それは、踏み絵。
そう歴史で習ったやつ。Wikipediaによると、
踏み絵(ふみえ)は、江戸幕府が当時禁止していた
キリスト教の信者を発見するために使用した絵。本来、発見の手法自体は
絵踏(えふみ)と呼ばれるが、手法そのものを踏み絵と呼ぶ場合も多い。
当初は文字通り紙にイエス・キリストや聖母マリアが描かれたものを
利用したが、損傷が激しいため版画などを利用し、木製や金属製の
板に彫られたものを利用するようになった。絵踏が廃止されると、
そのまま廃棄されたり再利用されたりしたため現存するものは少なく、
表面が磨滅した形で現存しているものも多い。

また上記から転じて、ある事柄への該当者や反対者をいぶりだすために
用いる道具や、その手段を「踏み絵」と呼ぶことがある。


 原発立地県で行われる住民説明会の
会場入口に行政責任者の
知事、市長、などの首長とその地域で
電気事業の独占をしている
会社の社長、会長などの写真を
床に置いておく。

 地域住人は、その上を踏んで
会場に入れるが、行政の関係者や
電力会社の関係者であれば、その写真を
踏んで入ることができない
それだけでは、安心できないという
心配症の人のために、とっておきの
再発防止策がある。
 それは、会場入口で踏み絵をして中に
入ってきた人に紙を見せて
そこに書かれている悪口を言ってもらう。
例えば、そこには、九電の社長や
佐賀県知事の悪口が書いてある。
「九電は、3流会社だ。社長には、
コンプライアンス意識が
まったくない。給料は、全額返納しろ」とか。
「眞部はうそつきだ。すぐに社長をやめろ。
松尾もうそつきだ。すぐに会長をやめろ。」

「佐賀県知事は、うそつきだ。」などのように。

もっと酷い悪口のほうが、効果がありそうだ。

 そのため、真に地域住人だけの話し合いができ、地域住人の
意思を確認できる。つまり、作られた世論などとの批判もでない。

 仮に、それでも会場に関係者が入った場合
逆に、行政や電力会社に
通報すればいい。「おたくの○○という社員は、
いくら仕事とはいえ、
自分の上司の顔写真を平気で踏んづけ、
大声で悪口を言ってましたよ。」と。

そのような人物は、社会人として不適格と
言わざるを得ない。
すぐに首にすべきだ。と。
予防線をはっておけば、もう2度と
会場に関係者が入ることができなくなり、
世論操作ができなくなる

 しかし、まだ安心できない。もう一つ、やらせメールという手段が
残っている。

 その再発防止策③については、この次の投稿で。
                                 
                                      
            

九電「やらせメール」問題の再発防止策はこれしかない①(-.-)目には目を、歯には歯を

2011/10/18
category - 日記
                         
 混迷の度を深める九電やらせメール問題。九電が国に
最終報告書を提出したが、その内容は、予想された通り、ひどい内容で
あった。(-。-)y-゜゜゜
報道によると。

九州電力の「やらせメール」問題などを巡る最終報告書が
国に提出された14日、県や県議会、九電玄海原発が立地する玄海町の
岸本英雄町長らからは、九電に対し再発防止に向けて体質改善を求める声が
相次いだ。しかし、九電の第三者委員会が指摘した県や古川康知事の関与に
ついては、当事者でもあり、言及は少なかった。【竹花周、原田哲郎】

 この日、県や県議会には九電の山元春義副社長が報告書を届けて回った。
県では牟田香副知事に、県議会では石井秀夫議長や石丸博・原子力安全対策等
特別委員長らに報告書を提出。それぞれ約30分かけて内容を説明し「ご迷惑を
おかけした。信頼回復に全力を挙げたい」と頭を下げた。

 その後、報道陣から第三者委の評価に対する九電としての判断を問われ
「第三者委の調査は九電の調査を深掘りしたもの。前回の7月の国への報告と
ずれないように併記した」と弁明。指摘される処分の甘さについては
「自分も処分を受けた一人なのでコメントする立場にない」の一点張りだった。
今後の信頼回復についても「コツコツこれまでのことを方向性を間違わないように
やれば理解を得られるのでは」と述べるにとどまった。

 一方、牟田副知事も「これまでの社内調査の結果に第三者委の調査で明らかに
なった事実を織り込んだ最終報告と思う」と評価。11月議会に向けて
進めている内部調査の進展具合については「ここで申し上げるわけにはいかない。
まとまってから明らかにしたい」と明言を避けた。

 一方、岸本町長は記者会見を開き、九電に対し「一連の不祥事の再発防止に
向けて、会社の体質改善をしっかりとした覚悟を持ってやっていただきたい」と
注文を付けた。

 しかし、知事の関与については「前の副社長らが面談した時の知事発言に
よって九電がその通りに動いたということは肯定的には思っていなかった」と
述べ、知事を擁護する九電の姿勢を評価した。(毎日新聞より)


 九電には、コンプライアンス意識向上という考え方がないようである。
九電の松尾新吾会長も眞部利應社長も辞任しないという。
眞部さんは、自分は辞めたいのに、ほかの十数名の取締役と監査役が
辞任を許してくれないという。

 こうなったら、私が再発防止策を考えました。
(^0_0^)

再発防止策①

まず、眞部さん、松尾さん
と佐賀県知事の古川さんには、
今回の責任をとってやめてもらう。
(そうしないと、日本の原発は、
永久に再稼働できなくなりますよ。)
ほかの取締役と監査役の説得は、簡単。
あなたが、いつも住民説明会でやった
「やらせメール」を使うんですよ。

「私の辞任に賛成か反対かを九電本社に
メールしてくれ。」とか言って、九電の
子会社などに「賛成メールを送れ。」って
指示を出すんですよ。いつもやってる
ことだから、うまく行きますよ。
この作られた(作らなくても賛成意見が
多いと思うけど。)社内意見をもとに
ほかの取締役と監査役を説得してください。

古川さんに至っては、もっと簡単。
いつものお得意さん、九電に
やらせメールを頼みなさい。「県庁に私の
辞任の賛成、反対のメールを送ってくれ。」
と。圧倒的多数で(下の記事では、
8割が責任がある。3割が辞任を
求めていますよ。)
辞任賛成となり、やめることができます。



なお、参考までに国民の声をお届けする。
関係者のみなさん、国民の正直な声をよく聞いてね。
 九州電力「やらせメール」問題を調査していた
同社第三者委員会が最終報告をまとめたことを受け、毎日新聞は九州の
100人にアンケートを実施した。同社の眞部利應(まなべとしお)
社長に対し60人が「辞任すべきだ」と答え、九電との密接な関係を
指摘された佐賀県の古川康知事にも「責任がある」との回答が
81人に上った。知事に辞職を求める声も目立ち、責任を取ろうとしない
九電トップ、知事への不信感が際立っている。【まとめ・井上俊樹】

 「やらせ行為で国民を裏切った会社の責任者として辞職すべきだ」。
長崎市の無職、田中安次郎さん(69)は語気を強める。一度は辞任の
意向を表明しながら撤回した眞部社長に厳しい声が相次いだ。

 中でも佐賀県民の視線は厳しい。佐賀市の自営業女性(52)は
「電力会社を消費者は選べないのに、やらせなどでだますのは卑怯(ひきょう)だ」。
同県伊万里市の主婦、堤倭子さん(83)も「県民に計り知れない不信感を与えた」と
憤る。

 社長辞任は不要とした回答者も、決して九電を擁護しているわけではない。
大分県日田市の自営業、高瀬春生さん(68)は「事件当事者が責任を持って
決着するまでやらせるべきだ」と突き放すように語った。

 一方、知事はやらせへの関与と自らの責任を否定しているが、知事にも責任が
あるという回答は81人と圧倒的に多かった。うち30人が辞職を求め、
福岡市城南区の無職、古賀光由さん(66)は「自治体としての責任や信用を
損ねた。辞職しかない」と切り捨てる。佐賀県民も10人中7人が
「知事に責任がある」と答え、うち2人が辞職を求めた。

 知事に対しては、説明責任を果たしていないとの意見も多かった他、
知事が自らの疑惑を内部調査で解明できると述べていることについて、
熊本県合志市のNPO団体の男性職員(55)は「厳然たる外部の
第三者委員会を作り、こうなった原因をはっきりさせるべきだ」と
知事の姿勢を疑問視する。

 知事は今後、運転停止している玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働を
判断することになる。だが、北九州市門司区の会社員、浜恵子さん(38)は
「九電との癒着が疑われる以上、古川知事が判断することは望ましくない」。
宮崎県都城市の嘱託職員、野村正登さん(53)も「住民投票で判断すべきだ」と
述べ、知事が不信の目を向けられているのは明らかだ。

 一方、九電の川内原発を抱える鹿児島県薩摩川内市の無職男性(69)は
「やらせメールなど一連の騒動は国が原発に関して判断する責任を怠り、
地元に判断を投げたことに一因があるのではないか」と指摘している。
(毎日新聞より)


 これで、九電、佐賀県ともに新体制となり、再出発の環境が整いました。
しかし、これだけでは、また同じようなことが起こらないとも限りません。

そこで再発防止策②。これで絶対に同じようなことは、起きません。
それは、またこの次の投稿で。
                                 
                                      
            

三木谷浩史さん楽天はこのままでいいの?5位確定

2011/10/16
category - 日記
                         
 楽天の今シーズンの順位が確定した。5位。
昨シーズンより1つ、順位があがったが、またもCS進出を逃した。

       順位 試合 勝 敗 引 勝率 勝差
2005 田尾安志  6 136 38 97 1 .281 51.5
2006 野村克也  6 136 47 85 4 .356 33.0
2007       4 144 67 75 2 .472 13.5
2008      5 144 65 76 3 .461 11.5
2009      2 144 77 66 1 .538 5.5
2010ブラウン  6 144 62 79 3 .440 15.0

 せっかく順調に順位を上げていたのに、野村監督が交代(クビになり)して
ブラウンさんが、「脱野村」を掲げ、野村野球を壊した。
おかげで強くなっていた楽天が、いっきに最下位に逆戻り。

 今年こそは、野村さんにと思っていたのに、星野さん。
その結果が5位。
 三木谷浩史さん、このままで大丈夫ですか?

楽天ファンの期待を裏切らないでくださいよ。

 けんか別れをした野村さんにもう一度、お願いしてはどうですか?
楽天が優勝するには、それしかないと思います。

 誰が監督をしても、今の楽天を優勝させることは、できません。
野村さんしかいないと思いますよ。
                                 
                                      
            

国際試合で14試合負けなし・ザックJAPAN強さの秘密

2011/10/10
category - 日記
                         
ザックJAPANがまた勝った。国際試合で14試合負けなし
 報道によると、

◆キリン・チャレンジカップ 日本1―0ベトナム
(7日・ホームズスタジアム神戸) ザック・ジャパンが超格下のベトナム相手に
凡戦を演じた。前半24分にFW李忠成(25)=広島=が先制ゴール。
1―0で勝利したものの追加点は奪えず、前半のみ採用した
3―4―3システムは消化不良に終わった。

 原口が後半開始からAマッチ初出場を果たした。20歳151日での
デビューは、ザック・ジャパンでは最年少。持ち味のドリブルで積極性を
発揮したが「不完全燃焼」と悔しそうに振り返った。

 スタンドに家族を招待し、気合が入っていた。後半8分、MF中村から
パスを受け、左サイドを約30メートル疾走すると最後は右足でシュート。
これは惜しくも左に外れたが、神戸の観客に存在を印象づけた。
同42分にもDF2人をかわして、ゴール前まで進入したが、
最後にブロックされた。「点を取りたかった。結果を残せなくて悔しい。
もっと仕掛けないと」。攻撃のアクセントになっても、反省ばかりが口をついた。

 「緊張は多少」というデビュー戦。「真ん中に寄りすぎた。サイドに
張っていれば。次、いつになるか分からないけど、チャンスが来るように
しっかり準備したい」。3日後のタジキスタン戦でも出番を待つ。

(スポーツ報知より)

サッカーの国際親善試合・キリンチャレンジカップは7日、
ホームズスタジアム神戸であり、日本代表がベトナム代表に1―0で勝った。
日本のザッケローニ監督は就任以来、
国際試合で14試合負けなし。

 前半24分、MF長谷部(ウォルフスブルク)のパスを受けたFW藤本
(名古屋)が右を突破し、クロスに合わせたFW李(広島)が右足で
ゴールした。李は今年1月のアジアカップ決勝・豪州戦以来、
6試合ぶりの通算2点目。

 日本は前半は3―4―3、後半は4―5―1と布陣を使い分けた。
11日にW杯アジア地区3次予選でタジキスタンと対戦する。
(朝日新聞より)


 格下のチーム相手に1-0という勝利に評価が分かれるところだが、
しかし、国際試合で14試合負けなしということは、大いに評価したい。

先日のテレビでザックJAPAN強さの秘密という内容の番組があった。
ザックJAPAN強さは、3つのポイントがあるという。
ザッケローニ監督が
①日本を理解している。(日本の文化、国民性をよく理解しようと
している。)
②選手を信じている。(選手の故障で急遽、前日に召集されたハーフナー・マイク
を翌日にすぐに起用したという。)
③日本を愛する。

 そういえば、ある外国人監督は、日本に何年もいたのに、全く
日本語を話そうとしなかったよね。その人と比べると全く違うよね。

10月11日のタジキスタン戦が楽しみだ。
                                 
                                      
            

楽天のマー君がすごい!でも‥

2011/10/09
category - 日記
                         
楽天マー君がついにあのダルビッシュを抜いて18勝目。すごい。
報道によると、

ダルさん、負けませんよ――。楽天・田中将大投手(22)が
8日、ロッテ戦で今季5度目の完封で、リーグ単独トップとなる18勝目を挙げた。
これで防御率(1・33)、勝率(・783)、完封数(5)、完投数(13)と
合わせてリーグ5冠。首脳陣も沢村賞獲得へ全面支援する方針で、残り2試合に
登板すれば、20勝に手が届く可能性もある。日本ハム・
ダルビッシュ有投手(25)とのタイトル争いはいよいよクライマックスへと
突入する。

 最後までファンを楽しませる。田中は使命感を持ってマウンドに上がっていた。
チームはCS争いから脱落しても、自らに寄せられる期待は十分に感じていた。

 「いろいろな方からタイトルの話をされる。チームやファンの期待に
応えることが義務だと思う。札幌でダルさんを打っていただきましたしね」

 3回までに大量7点の援護を受けても気を緩めることはなかった。6回
2死三塁で、福浦を151キロの外角直球で見逃し三振。7回で交代という
選択肢もあったが、星野監督は「こっち(首脳陣)が沢村賞を意識している。
完封させろ」と続投を決めた。9回は2死から新人・阿部の失策と四球で一、
二塁のピンチ。田中は「阿部が一番焦っていた。阿部のためにもゼロで
抑えたかった」と塀内を中飛に打ち取った。5日の日本ハム戦(札幌)で
ダルビッシュに黒星を付けてくれたチームメートにも完封という結果で応えた。

 過去3年間は毎年、故障による離脱を経験している田中が今季掲げた目標は
シンプルだった。「1年間ローテーションを守りたい」。1年間戦える
体づくりにこだわり、ウエートトレーニングを積極的に取り入れた。上半身、
下半身それぞれ5種類だったメニューを8種類に増やし、体幹を中心に
バランス良く体を鍛えた。シーズン中も体調管理を徹底。疲労を蓄積させないために
「もともと、たくさんは飲まない」という酒量をさらに減らした。
「ケガさえなければ結果はついてくると」。自信はあった。

 勝利数、勝率、防御率は単独トップ。完封数でもダルビッシュに並び、
完投数と合わせてリーグ5冠だ。異次元のタイトル争いの先には、最高栄誉で
ある沢村賞を見据える。チームは残り6試合。登板日については「知りません」と
笑顔でけむに巻いたが、変則日程のために中6日、中3日で行けばあと2試合可能。
20勝のチャンスもある。

 星野監督も「全員で(沢村賞を)獲らせようという気持ちが、最多勝を含めてある」と
全面的に支援する考えだ。
「いろいろな方に感謝して、最後まで気を引き締めて
走り抜きたい」と田中。個人タイトル総なめし、感謝の気持ちを形にする。

 ≪驚異的な数字≫田中(楽)が6安打完封でリーグ単独最多の18勝目。
防御率、勝利、勝率、完投、完封の5部門でリーグトップに立った。
特に防御率は1・33と驚異的な数字。両リーグで防御率1・40未満を
記録したのは70年村山実(神=0・98)が最後で、2リーグ制後では
6位に相当する。これで8月13日ロッテ戦から9試合連続で被本塁打0。
それまでは17試合で8本を浴びていただけに、シーズン後半に入ってより
投球に凄みが増している。 (スポニチより)


 確かにすごい。
でも、リーグ優勝の決まったこの時期に目標は、
それだけ?


星野さんも「全員で(沢村賞を)獲らせようという気持ちが、
最多勝を含めてあると全面的に支援する」のはいいけど、
全員で目指すものは、他の所にあるんじゃないの。


 現在、5位の位置にいるけど、一つでも上を目指すのが大切だろ。
まず4位。つぎにクライマックス出場ができる3位。


パ・リーグ(10月8日現在)
        試合 勝  負 引分  勝率  差   残
1位 ソフトバンク 137  84  44  9  .656  優勝  7
2位 日本ハム   135  70  59  6  .543  14.5  9
3位 オリックス  137  67  64  6  .511   4   7
4位 西武     136  63  66  7  .488  3 8
5位 楽天     138  62  70  6  .470  2.5 6
6位 ロッテ    135  52  74  9  .413  7 9

 楽天と3位オリックスとのゲーム差は、5.5。残り試合が楽天、6.
オリックスが7.仮に楽天が残り6試合を全勝すると、

勝率は、

野球規則よると、

10・22 各率は次の計算による。
(a)勝率を出すには、勝、敗の合計数で勝試合数を割る。

勝率=勝数÷(勝数+負数)なので、

楽天の最終勝率は、68÷138=0.492

オリックスが残り7試合全敗すると、

オリックスの最終勝率は、67÷138=0.485


 つまり、楽天がCSに出る可能性は、
まだまだあるわけじゃん

個人成績は、2の次でしょ。チームのためには、
8対0になった、8回からは、中継ぎに投げさせ
マー君には、あと3回先発して残り6試合のうち、3勝を手堅く
狙い、CS進出の可能性を高くする選択肢もあったのでは?
勿論、4位西武、3位オリックスが自滅してくれるという
前提だけど。

勿論、マー君に沢村賞を取ってもらいたいけど、今は、チームが
CSにそしてなにより日本シリーズに出てほしい。

 星野さんの采配は、CSを初めからあきらめ、
マー君の個人記録を
初めから狙っていた采配としか見えない。
それって、おかしいでしょう。楽天ファンにはっきりと
説明してほしい。
                                 
                                      
            

お疲れさん。そして来シーズンも頑張って!イチロー選手

2011/10/05
category - スポーツ
                         
イチローの大記録がついに、ストップした。
報道によると、

米大リーグ、マリナーズのイチロー(37)は28日、
シーズン最終戦を終え、今季の通算安打は184本にとどまり、
11年連続200安打以上は達成出来なかった。

 自身が持つ連続200安打以上の大リーグ記録は10年でストップした。

 イチローは同日、アスレチックス戦に出場したが、3打数ノーヒットに
終わった。

 今季は、5月に極度の不振に陥り、夏場以降も好不調の波があり、思うように
安打数を伸ばせなかった。打率もオリックスでレギュラーをつかんだ
1994年以来、日米を通じて毎年記録してきた打率3割を下回った。

(2011年9月29日13時36分 読売新聞)


 1シーズンで200安打すること自体、すごいことなのだ。それを10年間
続けたことが、大記録であり、今シーズン、200安打達成できなかったことを
誰も責めることは、できない。
 とりあえず、今シーズンご苦労さまと言ってあげたい。
まさかと思うが、まだ引退なんてことは、考えてないでしょうね。

 まだまだ、できると思うので頑張ってください。
 日本人が「世界に誇れる日本人」の第1位に輝いているのだから。
ちなみに、第2位は、北野武さんだそうです。
                                 
                                      
            

岩切さん、あなたも?九電やらせメール問題

2011/10/02
category - 日記
                         
 古川さんといえば、今や時の人。みんなよく知っている。
九電との関係を疑われている原発推進派の佐賀県知事だと。
毎週のように、古川さんにとって耳の痛い報道が続き、ますます
立場が悪くなっているようだ。

 国民の注目は、古川さんがどうやって責任を取るかに集まってきている
が、そんな中、同じような立場の人が他にもいるようだ。

報道によると、

九州電力の「やらせメール」問題で第三者委員会の最終報告が出た30日、
川内原子力発電所がある薩摩川内市には、九電川内原子力総合事務所の
古城悟所長代理が訪れ、岩切秀雄市長に最終報告書を手渡した。

 古城所長代理は、川内原発3号機増設計画を巡る昨年5月の第1次
公開ヒアリングに関する第三者委の分析内容を説明。九電側の意見陳述人の
確保などを認定したうえで「特に悪質なコンプライアンス違反行為だとの
意見は出なかった」と結論づけたことを強調した。

 岩切市長は報道陣に対し、「公平性が保たれていたと認識している。
当然のことだ
」と述べた。そのうえで、運転停止中の川内原発1、2号機の再稼働に
向け、「ハードルの一つはクリアした」との考えを示した。

 一方、最終報告書では、7月の県議会原子力安全対策等特別委員会で、
九電の中村明・原子力発電本部副本部長が「やらせメールのことは知らなかった」
などと発言したことについて、「虚偽と認めるに足る根拠はない」と判断した。

 金子万寿夫・県議会議長は「スッキリしないが、報告は報告として
受け止めざるを得ない。中村副本部長が『やらせメールはない』と
断言したことが間違いだったことは事実。九電は三者委の報告を
真摯(しんし)に受け止め、徹底した再発防止に取り組み、信頼回復に
努めてほしい」と話した。

(2011年10月1日 読売新聞)


 鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長だ。
この岩切さんの言動を見ていると、古川さんと同じような気がする。
まさか、この後、古川さんと同じような経過をたどるのではないですか。

九電との癒着はないでしょうね。疑われるようなことをしてないでしょうね。
献金、パーティ券の購入を要請してないでしょうね。

 親族が経営している会社が、九電関連の工事を請け負っていないでしょうね。

ここ数日のうちに、そんな報道がされないでしょうね。

 岩切さんは、古川さんとは、違うと祈ります。
                                 
                                      
            

古川さん、これで勝負アリ?九電やらせメール問題

2011/10/01
category - 政治・社会・教育・いじめ
                         
 まあ、今週もでるわでるわ。九電メール問題の関連ニュース。
怒りを通り越し、あきれ果てた。
この人たちには、もはや
コンプライアンスと言う考えは、全くないのだということ
が分かった。

今週の報道によると、


九州電力の松尾新吾会長の親族が実質経営している
福岡市中央区の建設会社が、大手ゼネコンの下請けに入るなどして、昨年までの
5年間に少なくとも約5億7000万円の九電関連工事を受注している
ことが26日、わかった。松尾会長はゼネコンに紹介したことを認めたが、
「仕事を回してくれと言ったわけではない」と主張。同社側も「実績が
評価されたもので、会長は関係ない」としている。

 同社が福岡県に提出した工事経歴書などによると、1992年、会長の
親族が設立し、現在取締役を務める。2005~10年、福岡市の
電気ビル北館新築工事約1億8100万円など、少なくとも24件の
関連工事を受注。従業員は数人で、取引先の一社は「ゼネコンの指示で
この会社の下請けに入ったが、工事はすべて我々がやった」と証言。
親族会社の関係者も「九電以外の工事では下請けに全て任せたことが
何度かあった」と、工事を丸投げしたことを認めた。

(2011年9月27日 読売新聞)



玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の再稼働を巡る九州電力の「やらせメール」
問題で、引責辞任の意向を固めていた真部利応(としお)社長が続投する見通しと
なった。

 松尾新吾会長も留任する方向だ。

 真部社長は26日、読売新聞の取材に対し、自身の進退について「辞める
べきと思っていたが、今は白紙。すぐには辞められない」などと語り、続投への
意欲を示した。真部社長は「(進退は)取締役会に一任する」とも述べたが
複数の九電役員は「辞める必要はない」と主張しており、取締役会でも続投が
認められる公算が大きい。真部社長は、7月6日のメール問題発覚を受け、
9月末にも引責辞任する考えだった。

(2011年9月27日13時46分 読売新聞)



九州電力の「やらせメール」問題で、真部利応(としお)社長が引責辞任の意向を
撤回し、続投する方針を固めたことについて、枝野経済産業相は27日の
閣議後の記者会見で「民間企業のことで直接コメントすべきではない」と
述べる一方、「社会的にどう受け止められるか」と続投に疑問を呈した。

 真部社長は、前任の海江田経産相から早期辞任を要求され、7月20日の
衆院予算委員会で辞任する意向を表明した。

 ところがその後、第三者委員会の調査で古川康・佐賀県知事の関与が
指摘され、経産省原子力安全・保安院やほかの電力会社によるやらせ問題も
発覚。社内や地元経済界から責任を公然と指摘する声は上がっておらず、
引責辞任すれば古川知事や電力他社トップらの進退に影響する可能性も
あることから、続投に踏み切ったとみられる。

(2011年9月28日 読売新聞)



九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の再稼働を巡る「やらせメール」
問題で、経済産業省資源エネルギー庁が、6月の佐賀県民説明番組に
投稿された意見数を実際より117件過少に公表していたことが28日、
わかった。

 同庁は当初、賛成意見が反対意見より多いとしていたが、実際には反対意見が
大幅に上回っていた。また、意見の中には、やらせを告発する内容もあったが、
同庁は九電側に照会しなかった。

 同庁原子力立地・核燃料サイクル産業課によると、番組は6月26日、
再稼働の安全性を説明するために開催され、午前10時~11時30分、
ケーブルテレビやインターネットで生中継された。県民からメールやファクスで
意見を募集し、一部は番組の中でも紹介された。

 同庁は番組終了後の記者会見で、投稿総数を589件と公表。メール問題が
表面化した7月6日、賛成286件、反対163件、その他140件だったと
説明した。しかし、実際には、この他にも117件(賛成16件、反対78件、
その他23件)あった。

 この結果、実際の投稿数は706件(賛成302件、反対241件、
その他163件)となる。しかも、このうち141件のやらせ投稿が
確認されており、大幅に反対意見が上回っていたことになる。

(2011年9月28日14時56分 読売新聞)




佐賀県の古川康知事の資金管理団体が、九電側にパーティー券の購入を
依頼していたことが28日、わかった。


 九電の「やらせメール」問題などを審議する県議会原子力安全対策等
特別委員会で取り上げられ、知事は「(不適切との)指摘を受けないよう、
後援会と議論している」と述べて見直す考えを示した。

 後援会事務所などによると、昨年10月、東京都内で政治資金パーティーを
開き、地元選出の国会議員ら約350人が参加した。この際、パーティー券の
購入を九電側に依頼していたという。

 特別委では、2005年12月のプルサーマル公開討論会で九電が
行った動員や仕込み質問に対する県の関与についても質疑が行われた。
古川知事は「担当者全員からヒアリングしたが、そのような事実はない
との回答だった」と改めて否定。ただ、「九電側への抗議は考えていない」とした。

(2011年9月28日15時03分 読売新聞)



九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の再稼働を巡る「やらせメール」
問題で、6月に経済産業省が主催した佐賀県民向け説明番組に、やらせを
告発するメールが番組中に投稿されたことが28日、わかった。

 経産省資源エネルギー庁は当時、このメールを九電側に照会していなかった。
同庁は、「当時は内容を精査しておらず、気づかなかった」と弁明している。

 同庁によると告発メールには、「九電社員が、運転再開を容認するメールを
送るよう命じられている。第三者による徹底した調査を」などと書かれていた
という。

 一方、同庁は番組終了後に589件と公表していた投稿総数が、実際
は706件(賛成302件、反対241件、その他163件)だったことを
明らかにした。当初は、番組後の記者会見に間に合わせるため、途中集計を
公表したという。

(2011年9月28日19時48分 読売新聞)



九州電力の真部利応(としお)社長が各支社を回って社員と直接対話した際、
「やらせメール」問題について、「電力会社としての使命感から行ったことで、
全て悪いとは言えない」などと話していたことが28日、複数の社員の
証言でわかった。

 九電トップとしての問題意識の欠如を物語る発言で、社員から批判の声が
上がっている。一方、この日記者会見した真部社長は、今回の直接対話を
踏まえ、「社員の理解も得られた」と続投に自信をのぞかせた。

 九電によると、真部社長は8月末から1か月かけ、東京を除く8支社などを
訪れ、全社員の1割以上、約2000人と直接対話した。

 複数の社員の話では、やらせメールの背景について、真部社長は
「コンプライアンス(法令順守)というより、管理職のマネジメントの
問題だ」などと説明。やらせメールを呼びかけた社員の行動を上司が
掌握していなかった点が問題だとする認識を示した。

(2011年9月29日09時57分 読売新聞)

28日に開かれた県議会の原子力安全対策等特別委員会。九州電力の
「やらせメール」問題に関連し、議員側は、古川知事の政治責任について
問いただした。知事は、これまで同様に責任はないとの考えを強調。
議員からは「納得できない」という声が上がった。

 九電の第三者委員会が、知事の発言がやらせメールにつながったと
指摘している点に関し、向門慶人議員(志の会)は「あうんの呼吸が
あったのではないか。はっきり要請しなくても、九電が受け止めたことを
どう思うか」と質問。知事は「行動をしてほしいと言ったつもりはない。
(九電幹部と)面談しなければ、今回の問題はなかったと反省している」と
釈明したが、自身に責任はないという姿勢を崩さなかった。

 また、第三者委の調査内容に九電側が反論する状況が続いていること
についても言及し、「そういうやり取りが続いているのは、好ましいと
思っていない」との認識を示した。

 徳光清孝議員(県民ネットワーク)は「真意が伝わったからこそ九電は
賛成投稿をしたのではないか」と追及。知事は「直接、声を出してほしい
とは言っていない」と弁解し、徳光議員は「知事の答弁は、何を
聞いても『真意ではない。しゃべりすぎたので反省している。九電の
受け止め方で責任はない』の3点だけだ。これでは納得できない」と
批判した。

 藤崎輝樹議員(一力会)も「軽率な行動が結果を生じてしまった。
過失ではないか」とただすと、知事は「面談は、本来取るべき行動では
なかったという点で過失だった」と答弁。また、福島光洋議員(自民)の
「やらせメール問題のために、本来の原発の安全性や新たなエネルギー政策の
あり方について議論が出来なくなっている」という指摘に対して、知事は
「申し訳なく思っている」と謝罪した。

 2005年12月のプルサーマル公開討論会で九電が動員や仕込み質問を
していた点について、原康彦議員(県民ネットワーク)は、県の関与を
尋ねた。知事は「副知事を責任者として職員にヒアリングしたが、
そのようなことはなかった」と改めて否定した。

 また、知事は、外部有識者による調査委員会設置に関して、
「これまでも必要な事実関係はきっちりと調査できている」と答えた一方で、
「第三者委の最終報告で、県の主張と違うことがあれば、県議会できちんと
説明したい」と述べた。

 九電幹部からの個人献金について、知事は今後、受け取らないことも
明らかにした。

(2011年9月29日 読売新聞)


九州電力の真部利応(としお)社長は28日の定例記者会見で、
「やらせメール」問題を受けた自身の進退について、「この厳しい
状況で新しい社長に引き継ぐのは大変なこと」などと述べ、事実上、
続投する意向を表明した。

 真部社長は7月6日のメール問題発覚後、海江田経済産業相(当時)に
早期辞任を要求され、同20日の衆院予算委員会で引責辞任する意向を
表明。9月末にも辞任する考えだったが、他の電力会社でもやらせ問題が
判明し、自身の辞任が電力他社トップなどの進退問題に波及
しかねないことから、続投する方針に転じた。

 この日の会見で、真部社長は「電力需給や収支、メール問題の事後処理などを
含め、極めて厳しい局面が続く」と述べ、当面の課題に自ら対処していく
考えを示した。九電は、メール問題を調べている第三者委員会が30日に
まとめる最終報告を受け、10月上旬にも取締役会で真部社長の続投を
正式に決める見通しだ。

(2011年9月29日 読売新聞)


九州電力の「やらせメール」問題などを調査している第三者委員会
(郷原信郎委員長)がまとめた最終報告書案の概要が29日、わかった。
2005年に開催された九電玄海原子力発電所3号機のプルサーマル
発電計画を巡る佐賀県主催の公開討論会について、九電が県側からの要請を
受け、パネリストの発言骨子やシナリオ案などを作成し、県に提供していた
ことを認定した。その上で、「九電による動員や仕込み質問が実質的には
古川康知事の意向に従って行われた」と指摘している。第三者委は30日、
東京都内で会合を開き、最終報告書を取りまとめて九電側に提出する。

 討論会を巡って、古川知事と県側は動員や仕込みへの関与を完全否定
しているが、第三者委による調査で関与が明確に認定される見通しとなり、
知事の責任を問う声が上がるのは必至だ。

 討論会は05年12月に同県唐津市のホテルで開催。全入場者717人の
うち約半数が九電関係者で、九電は約20人の質問者を仕立て、
仕込み質問をさせた。

(2011年9月29日 読売新聞)


 こんなこと書くのもいやだが、本ブログの予言がまたまた的中した。

 子どもだって知っていることだが、悪いことをしたなら、素直に
謝ったらどうですか?
 立派な大人なんだから、きちんと責任の取り方があるでしょう。
                                 
                                      
    

YOUTUBE

YOUTUBEチャンネルの登録をよろしくお願いします。Registration please channels.

解析用HTMLタグ

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【新着順】

FC2アフィリエイト